2020年09月

16

ハイブリッド/マルチクラウド時代だからこそIBMのストレージ

IBMの岡田です。

前回の「OpenShiftに代表されるコンテナ環境へのIBMストレージの対応」でも触れた通り、ここ数年の傾向として何でもかんでもクラウドに移行するという時代は過ぎ、従来型の IT インフラとクラウド環境とを上手く使い分け、あるいは連携しながら、目的の業務アプリケーションを動かしていく方向になりつつあります。いわゆるハイブリッドクラウドというものです。
そして、パブリッククラウド自体もそれぞれのサービスにより使い分ける風潮があり、今やパブリッククラウド・ユーザー企業の半分以上が、複数のパブリッククラウドを使っているのではないかと思われます。いわゆるマルチクラウドと呼べるものですね。

しかし、なかなか統合的に管理するというところにまでは至っておらず、クラウドを含めたサイロ化が起こっている状況です。
このような運用ではアプリケーションの適材適所はおろか、データさえ十分に使えていないことは明白です。

今回はこのようなハイブリッド/マルチクラウドの状況の中でデータを上手く連携し活用していくために、IBMのストレージにできるソリューションを紹介しましょう。

 

ハイブリッド/マルチクラウドの位置づけ

以下の図は、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドを模式的に表したものです。
オンプレ環境のプライベートクラウドまで含んでマルチクラウドという人もいますし、従来型の物理サーバーや仮想化された VM 環境もハイブリッドクラウドのオンプレミス部分の一部と考える人もいます。人によっても会社によっても捉え方は色々ですが、ここでは敢えて従来型 IT もハイブリッドクラウドの一部として話をしたいと思います。

図1. ハイブリッドクラウドとマルチクラウド

 

IBM Spectrum Virtualize for Public Cloud とは!?

IBM Spectrum Virtualize for Public Cloud(SV4PC)は、第一回目第二回目のブログでも登場した IBM のメインストリームとなるブロックストレージ、FlashSystem にも搭載されている管理機能ソフトウェア、これをパブリッククラウドでも使えるようしたものです。
つまり、SV4PC はハイブリッドクラウドやマルチクラウドに対応したストレージ製品です。

SV4PC を知れば FlashSystem を知ることができますので、SV4PC の機能を紐解いていきましょう。

 

外部仮想化機能

2003年、この Spectrum Virtualize ファミリーの元となる製品が生まれました。SAN Volume Controller、通称 SVC です。
今でもこの製品は最新のテクノロジーを装備してファミリーの一員です。(IBM Spectrum Virtualize for Public Cloud も Spectrum Virtualize ファミリー製品です。)

そこから脈々と受け継がれた外部仮想化という機能は、IBM および他社ストレージ製品約500種類を配下に接続可能で、これを仮想化して自身のストレージとして扱うことができるものです。

図2 外部仮想化機能

もちろん、既存で使われているストレージのボリュームや保存されたデータを生かしたまま配下に収めることができるため、オンライン・データ移行はもちろん、コピーサービス(スナップショット等の機能)を持たないストレージにそういった機能を与える事もできます。

この機能を使う事で、FlashSystem では他社製品を含めた古い製品から簡単に最新のテクノロジーにデータを引っ越すことが可能です。

パブリッククラウド上では、SV4PCがプロバイダーが提供する基本的な機能しか持たないブロックストレージを配下に置くことができます。
これにより、最新のデータ削減機能の他、ブロックレベル自動階層化のEasy Tier(補足参照)、FlashCopyや筐体間コピーを含むコピーサービス(補足参照)、といったテクノロジーも使用可能となるわけです。

 

図3. データ移行のイメージ

 

様々なデータ削減機能

FlashSystem 5010 を除く Spectrum Virtualize ファミリーには、いくつかのデータ削減機能があります。
これらは DRP(Data Reduction Pool)というデータ削減にはなくてはならない機能を実装した Spectrum Virtualize ファミリー特有のストレージプール上で実現されます。また DRP での各処理単位はフラッシュ系デバイスに最適化されています。

図4.Data Reduction Pool

具体的には「リアルタイムデータ圧縮機能」「重複排除機能」「シン・プロビジョニング機能」がサポートされています(一部組合せによりサポートできないデバイスがあります)。
※詳しくは補足をご覧ください。

 

Spectrum Virtualizeファミリーのハイブリッドクラウド/マルチクラウド対応

触れてきた通り IBM の Spectrum Virtualize ファミリーであれば、オンプレミスの FlashSystem あるいは SVC とパブリッククラウド上の SV4PC とでデータ連携できるので、データの観点でハイブリッドクラウド対応ができます。
また、パブリッククラウド同士でデータ連携することもそれぞれに SV4PC を置くことで可能となり、マルチクラウド対応もできます(2020年7月時点、IBM Cloud と AWS に対応)。

図5. ハイブリッド/マルチクラウドのデータ連携

さらにこの方法を使えば、他社の既存データも活かすことができます。外部仮想化機能が使えるからです。

つまり IBM の Spectrum Virtualize ファミリーを使うと、他社ストレージ製品も含めてハイブリッドクラウド対応できる事になります。

では、データをハイブリッド/マルチクラウド連携できると何が嬉しいのでしょうか。

 

ハイブリッドクラウド/マルチクラウドの利点

グローバルでは、一番広く使われているのが災害対策用途です。
被災時に本番環境が使えなくなった際も、パブリッククラウド側で仮想サーバー、コンテナなどを使い業務を継続できるからです。

今求められるデータ活用としては AI/アナリティクスなどと言うものもあります。
オンプレミスで使えるものもありますが、手軽にやろうとすると各パブリッククラウド上で提供している AI サービスを使うのが早いですね。最初に触れた通りサイロ化されたデータをパブリッククラウドと連携するにもハイブリッドクラウドは有効です。

バックアップ先としてパブリッククラウドを使うと、いらぬ投資をすることなく遠隔保管が可能となります。
通常テープを使った遠隔保管ですと保管場所である拠点、定期的な搬送といった固定費が発生します。最悪の場合、本番業務側が被災した場合にもデータをリストアしなければならないことを考えると、保管場所にリストアする仕組みが必要となります。これも大きな投資となるでしょう。
パブリッククラウドをバックアップ先とした場合それだけで遠隔保管が実現でき、必要な場合のみ仮想サーバーも立てることができるため DR としての役割も果たせるのです。

また、クラウドに業務を移行するというケースもまだまだ発生しますね。
この際クラウドプロバイダーが提供している方法もありますが、移行対象となるデータが多量にあると、なかなか与えられた方法を用いて計画通りに移行することは困難な場合があります。特にプロバイダーから送られたハードウェアを仲介して行う方法は、移行の間は業務を止めて対応する必要があります。これではビジネス的なインパクトが発生します。
ハイブリッドクラウド形態でのクラウド・オンプレミス間のデータ同期であれば業務を止めずに対応でき、万が一クラウドに移行したことで何らかの不具合を生じた場合にも即座に元の環境に戻すことができます。

これらの有益なハイブリッドクラウドのデータ連携にマルチクラウドのデータ連携要素が加わると、更に有益なことがあります。
最近の風潮としては、パブリッククラウド上にデータを置く場合でもミッションクリティカルなものの場合には、AZ(アベイラビリティーゾーン)を跨ってレプリケーションを取ることが一般的になってきています。冗長性を保つという意味では、異なるパブリッククラウドにコピーを持つことも有効でしょう。
このような用途にもマルチクラウド・データ連携は役に立ちます。

またメジャーなパブリッククラウドは、基本的にグローバル展開をしております。
自身で海外にサイトを立ち上げる必要なく、容易に海外展開できるといった利点や、国内でも東阪の災対環境も手軽に築くことも可能です。

図6. ハイブリッド/マルチクラウドで実現できるソリューション

 

ハイブリッドクラウド・データ連携の具体例:クラウドへのデータ移行

パブリッククラウドに業務を移行する際に、ハイブリッドクラウドの接続形態を使うことで既存の業務を止めないオンラインデータ移行が可能です。(ただし既存ストレージの仮想化のための接続変更時は短時間ですが止める必要があります。)

図7. ハイブリッドクラウド活用例・クラウドへのデータ移行

オンプレミスとパブリッククラウド、あるいはパブリッククラウド同士でのレプリケーションは方向を変えることも可能ですので、もししばらく使ってみて移行先で業務がうまくいかないなどの不具合が生じた場合は、データをオンプレミス側に戻すことも可能です。

他の活用例も結局はこのレプリケーションを使って双方を連携させることによりますので、アイディア次第でお客様の用途に合わせて色々な活用方法が見つかるかもしれません。

 

クラウド上ではこんな使い方も

SV4PC だけでも面白い使い方ができます。

多くのパブリッククラウドの環境下では、その環境内で使える仮想ブロックストレージが用意されています。
プロバイダーにもよりますが、大雑把に言ってしまえばクラウドは大規模な物理リソースを小出しにして使っている都合上、様々な制約があったり、性能の低いリソースを使わないとコストがかかりすぎるなど難しい局面も持っています。

例えば一つの仮想ブロックストレージの上限容量です。あるプロバイダーでは 16TB までしか使えなかったり、IOPS の上限にひっかかったりします。
このように、デフォルトのままではパフォーマンス要件をこなせないような場合でも、SV4PC で仮想ブロックストレージを複数束ねることで、仮想サーバー側に提供するストレージをスケールアウトすることができるので解決できたりもします。

また、データがホットな時期は SSD、旬が過ぎると HDD レベルで充分なデータを扱う場合、そもそも一時的なパフォーマンスのために全データを同じ SSD に置いておくのは無駄があります。
このような場合、最小限必要な SSD と充分な HDD を SV4PC で束ねつつ、前述の Easy Tier のような自動階層化機能を使うと、意識することなくホットデータは SSD で処理、その後は HDD へ配置されるので、クラウド上のストレージコストを全体的に減らすことができたりもします。

さらに、SV4PC のシン・プロビジョニング機能を使えば効率の良いコスト削減が可能となります。
通常の場合、仮想ブロックストレージの払い出しは見込み容量を先に決めてからその分払い出すことになり、運用後の拡張の手間を考えると、あらかじめ余裕を持った容量を払い出しがちです。この場合、実際に使用していなくとも払い出した容量は課金対象となります。
これに対しシン・プロビジョニングは、実際に存在する容量以上のストレージ空間を切り出すことができるのと、後から不足しそうな容量分の仮想ブロックストレージをストレージプールに加えることもできるので、最小限の容量から始めることができ、容量課金を削減することができます。

図8. パブリッククラウド上でのSV4PCの活用

なお何度も言いますが、SV4PC は今後のコンテナ環境にも対応しております。
ここまで見てきた通り、SV4PC はクラウド全盛の今だからこその機能を備えた Software Define Storage ソリューションであることが分かると思います。

いかがでしたか?

ハードウェアはもちろん技術の塊ですが、ソフトウェアのみでも十分に使える IBM Spectrum Virtualize ファミリー、少しは興味を持っていただけたのではないでしょうか?

次回は「最新のデータのライフサイクル管理」ということで ESS、Sepctrum Scale、オブジェクトストレージ、そして Spectrum Discover といった製品に触れてみたいと思います。

乞うご期待!

 

補足

1)リアルタイムデータ圧縮

バッチ処理で圧縮するのではなく、データの書き込み時に圧縮処理をして記憶域に書き込む圧縮方法です。FlashSystem 5030 と SV4PC を除きハードウェア・アクセラレータを活用できます。
もちろん 5030 および SV4PC もコントローラのリソースのみの処理ですが暗号化機能を実現しています。
圧縮率は、対象となるデータの種類によって異なりますが、一般にデータベース、メール、仮想サーバーイメージなどのファイルが高いと言われています。
以前はオフィスデータなども高かったのですが、最近はすでにオリジナルのオフィスファイル自体で圧縮済みですので、あまり効果は期待できなくなっていると言われます。

更に DRP の機能とは別に、IBM 特有の FlashCore モジュール(略して FCM。FlashSystem 5100, 7200, 9200/R で使用可能)であれば、モジュールそのものにインライン・ハードウェア圧縮機能があります。これはモジュール内のハードウェア的なデータの通り道にワイヤードロジックによる圧縮機能を設けているため、性能に影響を与えません。
ちなみにこのワイヤードロジックには暗号化機能も盛り込まれており、同様に性能に影響のない暗号化を実現しています。

 

2)重複排除

データのなかに同じパターンを見つけて、冗長なデータを削減することで容量を節約する機能です。特に仮想サーバーイメージなどには有効な手法です。
以前は非常に負荷がかかる作業だったため、バックアップなどに限定して使われていた技術ですが、昨今は性能の向上により、通常のストレージでも当たり前に使われる技術となりました。
以下は非常に単純化したインラインで扱われる重複排除のイメージです。バックアップ等での処理はこの限りではありません。

図9. 重複排除

実際はこう単純ではありません。
書かれたデータのパターンに応じたフィンガープリントと呼ばれる代替え値をハッシュ関数により導き、新たに書かれるデータのハッシュ値がすでに存在するフィンガープリントと一致している場合は、データそのものは書き込まず、参照するフィンガープリントのポインターのみを管理テーブルに記録する。これによりデータを間引くことができ、書き込み容量を削減することができるのです。

DRP 上での重複排除の特徴はフィンガープリントを同一ボリューム内のみならず、同じ DRP で定義された別のボリュームも含めて参照していることです(※図4参照)。同じプール内でバックアップなどのボリュームが定義された場合などに効果を発揮できるからです。

図4.Data Reduction Pool

 

3)シン・プロビジョニング

こちらは、データ削減と言うよりはサーバーから見た際の話になります。
通常、ストレージ装置側で定義したボリュームをそのまま OS で認識させ使用することになります。その際の容量は、ストレージ装置のボリューム定義そのままの容量となります。

図10. シン・プロビジョニング

シン・プロビジョニングを使うと、その容量定義を物理的に存在しない容量も上乗せして定義することができます。この場合消費されるストレージ装置の容量は実際に書き込みが起こった時にそのデータ容量分ずつとなります。
もちろんその存在しない容量分に書き込みが発生するとエラーになりますので、そうなる前に物理容量を追加する必要があります。同じストレージプール内の複数のボリュームで、実際に存在する実効容量を共有して消費するといった使い方が効果的です。が、OS 側からは何も意識することがありません。

この方法は、実はパブリッククラウドのように払い出し容量で月額課金されるようなサービスでは、より有効な節約方法となります。

 

4)Easy Tier

Spectrum Virtualize ファミリーには、もう一つ特徴的な機能として自動階層化機能があります。
通常データの階層管理というと、ファイルレベルで実装するものをイメージされる方が多いのではないでしょうか?

Easy Tier はブロックレベルでありながらストレージの負荷情報を自ら学習し、アクセスの集中するホットなデータは Flash系のデバイス、アクセス頻度の低いデータは容量単価に優れる大容量・低速の HDD といった階層にデータを AI を使ってストレージの機能で動的に移動させる機能です。

図11. EasyTierの動作イメージ

この機能を使うと高価な半導体系のストレージデバイスの容量を節約し、安価なハードディスクを増やすことで、パフォーマンスを下げずに全体の容量単価を下げることができます。
オンプレミスの FlashSystem はもちろん、払い出し容量で月額課金されるパブリッククラウドでも有効な節約手段となります。

 

5)コピーサービス

今や多くの廉価なストレージ装置もスナップショット、レプリケーションといった機能は当たり前になっています。

図12. 様々な用途に使えるコピーサービスの数々

スナップショットなどの瞬間のボリュームイメージを切り取る機能は、一般的にポイント・イン・タイム・コピーと呼び、IBM の場合は FlashCopy と言われる機能になります。
こちらは通常ストレージ装置内で使われる機能です。バックアップを取るときなどアプリケーションや RDB などと連携して、静止点をとるのに有効な機能です。

これに対して、ストレージ装置間で関連づけたボリューム同士で同期を取り、それぞれのボリュームを常に同じデータで満たす方法がレプリケーションです。
スナップミラー、ボリュームミラー、リモート・ミラーあるいはリモート・コピーなど、メーカーによって呼び方は様々ですが、基本的には時間的ズレのない同期型のものと、多少の時間的ズレを容認する非同期のものとに大別されます。
前者は銀行など災害などでのデータ損失を認めないような要件で使われ、拠点を跨ぐ場合、それなりの高価な設備(ネットワーク設備であったり拠点設備であったり)と共に使われます。後者はデータの多少の損失は容認するか、または別の方法(ログデータとかとの併用など)で補うかして、むしろ、より遠隔にデータを退避することを優先するなどの目的で使われます。広域災害などへの対策が多いですね。

考慮すべき事項に、特にレプリケーションは同じストレージ装置同士であると言う大前提があります。メーカーごとに使っている技術が異なるからです。
IBM の場合、Spectrum Virtualize ファミリーであれば相互接続が可能です。つまりオンプレミスのFlashSystem または SVC とパブリッククラウド上の SV4PC との接続が可能なのです。これが IBM ストレージがハイブリットクラウドに対応できると言う一つの根拠です。
もちろん前回触れた通り CSI(Container Storage Interface)にも対応していますので、コンテナ環境にも対応可能です。

接続方法について以前は、ストレージ機器同士の同期ということでより早く安全な FCP(Fibre Channel Protocol)に頼っていましたが、今日では非同期を前提に充分に IP 接続でも対応できるようになりました。
また、帯域以上のデータ転送を余儀無くされる初期同期が問題になりますが、前述のシン・プロビジョニング・ボリュームを対象とすることでボリューム全転送を必要とせず差分だけで可能となったり、データそのものも効率的な圧縮・重複排除の活用で小さくなったというのも大きいですね。

 

 

この記事に関するお問合せ

エヌアイシー・パートナーズ株式会社
企画本部 事業企画部

この記事に関するお問い合せは、「こちら」からお願いします。

 

参考ページ

その他の記事

2021年03月25日

企業を狙ったランサムウェアの増加で再認識される、 バックアップの重要性と対策のポイント

2017年5月に世界的に大流行し、その後鎮静化していたランサムウェアの脅威が増大しています。 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が毎年発表する「情報セキュリティ10大脅威」の組織部門においても、ここ数年、不動の第1位に君臨する「標的型攻撃による被害」の陰で、「ランサムウェアによる被害」が2017年以降5位以内をキープ。最近では多額の身代金が獲れそうな企業にターゲットを定め、データを暗号化するだけではなく機密データを窃取し、それを公開すると脅して身代金を要求するなど、標的型化の事例も報告され、高度化・巧妙化が進んでいます。 本記事では、こうした最新動向や被害の状況に触れつつランサムウェア感染からのシステム復旧を考える上で欠かせないバックアップについて、対策のポイントとそれを踏まえたお勧めのソリューションとして「IBM Spectrum Protect」を紹介します。   企業を狙った標的型ランサムウェアの被害が増加中 2017年に登場し猛威を振るった「WannaCry」などのランサムウェアでは、無差別に送られる「ばらまき型」メールによって感染し、端末がロックされたユーザに対してロック解除のための身代金を要求するケースが一般的でした。 しかし、高額な身代金を支払える個人は少なく、攻撃者にとってあまりに非効率でした。 そこで攻撃者は対象を企業や団体に移し、特定のターゲットに対し下調べをしたうえで攻撃を仕掛けるようになりました。 2020年6月には、某国内大手自動車メーカーがサイバー攻撃を受け、マルウェアに感染。9つの工場で操業に影響が出ただけなく、コロナ禍でテレワーク中の従業員が社内システムにアクセス不能になるなど、深刻な事態に陥りました。 この事案では、ネットワーク偵察や感染経路の確保など入念な事前調査が行われていた可能性が指摘されており、まさに標的型ランサムウェアともいうべきものです。 結局4日をかけて工場の操業を再開したものの、その間工場の出荷が停止するなど、同社のビジネスにグローバルで大きなダメージを与えました。   サイバーセキュリティ+サイバーレジリエンスで、 ランサムウェアに多層的に対応 ランサムウェア感染の結果、製造業では前段で紹介した事例のように、工場の操業が止まることで利益損失に直結するほか、医療機関や社会インフラサービスなどが狙われると人命が危険にさらされたり、人々の生活に困難をきたすことも。 問題は、標的型攻撃の場合、マルウェアがひそかに侵入し時間をかけて機密情報の搾取を試みる間も業務継続が可能なのに対し、ランサムウェアに感染した場合、感染後にデータが暗号化されてしまうとデータの利用ができなくなり、一気に業務停止に至ることです。 このためランサムウェア対策では、インシデント発生を未然に防ぐ "サイバーセキュリティ" の対策だけでなく、発生したインシデントをいかに早く沈静化して本来の状態に戻すか、という "サイバーレジリエンス(セキュリティレジリエンス)※" のアプローチも必要です。 様々なセキュリティ対策で侵入を防ぎつつ、万が一侵入を許してデータが暗号化されてしまった場合に、その状態から迅速に復旧するための手段を備える "多層的な対策" が求められます。 ※レジリエンス=復元力、弾性   まずはデータバックアップ、さらには感染を迅速に検知する 仕組みを ランサムウェアの被害に対するサイバーレジリエンスを高める上で欠かせないのが、バックアップです。 ランサムウェアに感染しデータが暗号化されてしまうと、データ利用は不可能で、もしデータバックアップがされていなければ、もはや打つ手はありません。逆に言うと、バックアップさえあれば時間や工数はかかっても、システムを初期化するなどした上で感染前のデータに戻すことができます。 では、バックアップさえとっていればOKか?というと、必ずしもそうとは言い切れません。 ランサムウェアの感染を早いタイミングで検知できなければ、復旧に用いるバックアップデータが古い世代にものになってしまい、一定期間分のデータロストが発生するためです。 ランサムウェア対策を考えると、まずは高頻度でバックアップをとること(オフラインでバックアップデータを保管するのが望ましい)を基本とし、感染したことを早期に検知して、できるだけ新しいデータで復旧する仕組みがあるのが理想的です。   ランサムウェアの感染を "ふるまい検知" して通知。 確実な復旧を実現する「IBM Spectrum Protect」 ここからは、サイバーレジリエンスまで考慮した有望なランサムウェア対策の1つとして、データ保護ソリューション「IBM Spectrum Protect」を紹介します。 この製品(ソフトウェア)がすぐれているのは、ランサムウェアに感染したことを検知し管理者にメール通知してくれる点です。 ランサムウェアに感染すると、ファイル数やデータ量が急増する一方本来増えるはずの重複排除率が逆に減少する、といった、通常では考えられない現象が見られます。 IBM Spectrum Protect では、バックアップ対象データを統計的に分析することで、こうした平常時と異なる "ふるまい" を検知。即座に管理者へメール通知します。これによって、感染後できるだけ早期のデータ復旧が可能になります。 また、ランサムウェアによってはバックアップからの復旧を不可能にするため、バックアップデータの破壊を試みるものもありますが、IBM Spectrum Protect では、サーバーからアクセス不能な保護領域を確保し、最大500世代の増分バックアップを実現(セーフガード・コピー)。生命線ともいうべき感染前のクリーンなバックアップデータをしっかり保護し、確実なデータ復旧へと導きます。   効率的なバックアップ・アーカイブ・階層管理を実現 バックアップの対象となるクライアントと管理サーバーで構成される「IBM Spectrum Protect」は、以下のような優れた機能により、効率的なバックアップ・アーカイブ・階層管理を実現します。   1.真の永久増分バックアップで、バックアップウィンドウを最小化 定期的なバックアップデータの合成で、フルバックアップを更新する他社の永久増分バックアップと異なり、「IBM Spectrum Protect」の永久増分バックアップはフルバックアップの取得は初回のみで、その後は増加した分のバックアップだけで OK。 バックアップの合成にともなう時間とシステムリソースの消費を回避できます。さらに、複数のバックアップサーバーに存在する同一データをブロックレベルで 1つにまとめ(重複排除)、ストレージ容量の削減に貢献します。   2.高速転送機能で、低品質WAN環境でも安定的なデータ転送を実現 永久増分バックアップと重複排除により遠隔地バックアップの時間短縮を実現する「IBM Spectrum Protect」ですが、標準搭載の高速転送機能(Aspera Fast Adaptive Secure Protocol)は、海外など脆弱なWAN環境においても安定した高速転送を実現します。   3.オンプレミスだけでなく、クラウド環境も含めた統合バックアップ オンプレミス環境(物理・仮想)はもちろん、クラウド環境も含めて統合的にバックアップを管理できます。 しかも、上りのデータ転送料が無料というメリットを活かし、長期保存のデータをクラウドにバックアップ(アーカイブ)したり、オンプレミス←→クラウド間のレプリケーションで DR環境を構築する、といった活用シナリオに対応します。   このほか「IBM Spectrum Protect」は、バックアップ対象の複数サーバーを単一ダッシュボードから統合管理できるオペレーションズ・センターを提供。 管理者は場所を問わず、必要な時にブラウザ上で各種バックアップの実行や健全性の確認などが可能。「コロナ禍で、バックアップのために出社するのは避けたい」「リモートでバックアップ状況を把握・管理したい」といったニーズにも対応します。 ランサムウェアの対策として、またニューノーマル対応のデータ保全・バックアップ対策として、この機会に「IBM Spectrum Protect」を検討してみてはいかがでしょう。     この記事に関するお問合せ エヌアイシー・パートナーズ株式会社 企画本部 事業企画部 この記事に関するお問い合せは、「こちら」からお願いします。   参考情報 (製品情報)IBM Spectrum Protect (コラム)DRで考えるべきITシステム復旧の3つの指標と、実現方法を解説。BCPとの違いは?効率的な対策は? (ブログ)データを守るということについて  

2021年03月08日

ハイブリッド/マルチクラウドの環境に最適なセキュリティ基盤 「IBM Cloud Pak for Security」の3つの価値

DX の推進にともない企業が利用するクラウド環境は拡大し、システムやアプリケーションはこれまで以上に複雑化しています。 これによって、現状でも充足していないとされるセキュリティ担当者の仕事は多忙を極めています。また、リソースをさらに増強するのが難しいため、セキュリティリスクは高まる懸念があります。 本記事では、ハイブリッド/マルチクラウド環境でのセキュリティの課題とその対策について考察します。   サイロ型の運用では困難になった、 複雑な IT環境のセキュリティインシデント対応 これまでの企業のセキュリティ対策方法は、異なるベンダーの検知・防御のためのセキュリティ製品やソリューションを複数導入し、それぞれで運用管理していました。 しかしこの方法ではツールが増えすぎて収拾がつかないばかりか、ツールとログの断片化と分断化が進み「セキュリティサイロ」が生じてしまいます。また、導入しているセキュリティ製品やソリューションも単体機能ではセキュリティ保護に貢献するものの、相互に連携することができなければ企業全体を一貫したポリシーでIT環境を守ることが難しくなり、より高度なセキュリティ脅威の検知をすることは極めて困難です。 特に IT環境のクラウドへの移行が進んでいる現状においては、オンプレミス環境だけでなくクラウド環境のログも収集しセキュリティ保護対象とする必要があるため、すべて人力で対応をすることが現実的ではありません。 この問題に対処し、高度な脅威を検出・対応するために大企業などを中心に導入されているのが、ログを一元管理し相関分析することでインシデントになりうる脅威を検知する「SIEM*」製品です。 SIEM製品によって、今まで検知できなかったセキュリティ脅威を検知することができるようになりますが、インシデントが発生した後の対応までを自動化・効率化できないため、インシデントの状況把握や調査、対応にかかる時間が長くなり、解決までに時間がかかることが課題となっています。 *SIEM(Security Information and Event Management : セキュリティ情報・イベント管理)   セキュリティ製品の情報を一元的に探索する 「IBM Cloud Pak for Security」 ハイブリッド/マルチクラウド環境全体で脅威に対するより深い洞察を得るために、既存のセキュリティ・ツールをより迅速に統合できるように支援するのが、ソフトウェア・プラットフォーム「IBM Cloud Pak for Security (以下 ICP for Security )」です。 ICP for Security は、世界中で 1,000 以上の組織によってすでに採用されている Red Hat OpenShift エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォームを含むコンテナ化されたソフトウェアで構成されます。 ICP for Security は、オンプレミスやパブリック/プライベートクラウドが混在する複雑な IT 環境下でも、様々なログやデータソースに1つの画面から「横串通し」にアクセスすることができます。 そのため、セキュリティ製品からログやデータを移動する必要はありません。複数の SIEM、エンドポイント検出システム、脅威インテリジェンス・サービス、IDリポジトリー、クラウド・リポジトリーなどのサード・パーティー製ツールとデータソースに ICP for Security を接続し、アクセスすることができます。 それにより、企業内のサイロ化されたすべてのセキュリティ・ツールのデータから「セキュリティリスクの検出」、「インシデントの発見と通知」、「脅威に対する詳細な分析情報の作成」、「対処方法の洗い出し」、「修復の自動化」など、インシデントの状況把握と調査、およびその対応を単一のコンソールで、かつ省力化して実行することが可能です。   ICP for Security の3つの価値 ICP for Security を導入することで得られる価値を3つに絞って紹介します。   1.脅威インテリジェンスによるセキュリティ脅威への対応の迅速化 複数のフィード、プラットフォーム、およびそれを使用する他のソースなどが脅威インテリジェンスとして世の中に存在していますが、自身に最も重要なものを探すためにふるい分けるのは簡単ではありません。 Threat Intelligence Insights では、組織との関連性によって優先順位付けされた実用的な脅威インテリジェンスを使用し、環境をスキャンして影響を受けているかどうかを確認できます。 また、各脅威がどの程度関連しているかを簡単に確認でき、「影響を受けているかどうかの確認」ツールを使用すると、接続されたデータソースの手動または自動スキャンを実行できます。 環境内で脅威が見つかった場合はケースを自動的に作成して、さらに調査を進めることができます。 これにより、脅威を検知しその対応を進めることができるようになるのです。   2.隠れている脅威を見つけ出し、リスク・ベースの意思決定力を向上 今までは統合ログストレージへデータを収集し分析することが主流でしたが、ICP for Security が構築するセキュリティ・エコシステムは統合ログストレージへデータを集めません。逆に ICP for Security から各種データソースにアクセスすることで、最新のログを対象にした高速検索を可能にしています(フェデレーション検索)。 セキュリティ管理者は「Data Explorer」から IPアドレスや URL、ハッシュ値、IoC* などの条件を指定して検索するだけで、個々のツールやシステムにアクセスする必要がなく、接続しているシステムやツールのデータソースから必要な情報を迅速に探し出すことができ、関連性を発見しインシデントへの対応を速やかに実施することができるようになります。 *IoC (Indicators of Compromise) : 侵害指標、痕跡情報、脅威のインディケーター   3.ナレッジを共有し、脅威への対応力の強化と修正時間の短縮を実現 ICP for Security はインシデントへの迅速な対応を支援するため、統一されたインターフェースによってクライアント・ワークフローに接続し、セキュリティ対応の調整および自動化することが可能です。 また、ワークフロー機能にはインシデントの発生状況や調査結果、その対応履歴を記録する「インシデント管理」ソリューションも含まれています。過去のインシデント対応の記録を参考にすることで、インシデント発生時の対応を効率化できます。 このワークフロー機能を使用することにより、チーム内でのナレッジの共有とともに属人性を排することが可能に。インシデント対応プロセスの高度化による複雑なサイバー脅威への対応力の強化と修正時間の短縮を実現して、チームがセキュリティに割ける時間を増やすことができます。   統合プラットフォームへのシフトを支援する IBM のアプローチ セキュリティリスクは、実際に発生した場合、甚大な影響と莫大な損害を企業や組織に与えます。 そのため、多くの企業や組織が最新の脅威への対応に新しいセキュリティ・テクノロジーを迅速に導入します。また、分断されてうまく相互機能しない複数のツールをなんとかやりくりします。 今後ハイブリッド/マルチクラウド環境の拡大とともにインシデントの脅威が高まる中で、連携しない複数のツールを使い続けることにより生じる問題を解決するためには、よりオープンなテクノロジーと各ツールをつなぎあわせることができる統合プラットフォームにシフトすることが必要です。 ICP for Security のアプローチはまさにこの要件に合致しており、単一の簡素化されたインターフェース内にセキュリティ・スタックのすべての層をまとめられる可能性を持っています。 ICP for Security は、オンプレミス、プライベート、およびパブリッククラウドなど、どこでも実行できるため、様々な環境下にあるソースから大量のセキュリティ・データを把握するのに有効なソリューションです。 オープン・テクノロジーをベースとするソリューションを使用することで、すでに使用しているツールへオープンに接続でき、相互運用性を促進します。 また、一元化された統合検索機能と統合インシデント管理機能は、状況把握や調査・分析、具体的な対応の効率向上につながるだけでなく、データを複数のツールで効率的な分析ができるように均質化するため、既存のツールの利用率も上がります。 さらに、8,000名を超える専門家と10ヵ所の研究開発拠点を擁する世界最大規模のセキュリティ・エキスパート集団「X-Force」による最新の脅威情報や、セキュリティトレンドを提供されることも、ICP for Security 利用の大きなメリットの1つです。 これまで各企業はセキュリティ・データを1ヵ所に集めようと努力してきましたが、すべての情報ソースを網羅した最新情報のアップデートを維持することは難しく、セキュリティ・チームはさらにデータの移動に時間とお金を費やす結果となりました。 この現象はマルチクラウドの世界ではますます顕著となり、セキュリティ・チームにはさらに大きな負担となるため、迅速な対応を難しくさせます。 しかし、セキュリティ・データを保管場所から移動させる必要がない ICP for Security を利用すれば、投資をさらに活用し、従来は網羅できなかった情報ソースに隠れていた脅威を確認して、より良いリスク・ベースの意思決定を行うことも可能になるのです。   DX の進化を支える基盤 - IBM Cloud Paks レガシーシステムの問題点を解決し、オープンなコンテナ技術によるアプリの可搬性の向上とオープンなオーケストレーションによる管理・運用の効率化を実現するのが、プラットフォームを最適化する IBM のソリューション「IBM Cloud Paks」です。 IBM Cloud Paks は、エンタープライズにおけるユースケース別に6製品をオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジ・コンピューティングと同じアーキテクチャーで提供しており、これらを活用していくことでモダナイゼーションを効率的に進めていくことができます。 また、企業固有のアプリケーション、データ、ワークロードの要件に対応する最適なアーキテクチャーと手法を選択できます。 IBM のハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォームは、Linux や Kubernetes などのオープン・テクノロジーに基づいているため、選択したクラウド上でデータやアプリケーションを安全に展開・実行・管理でき、将来にわたってロックインされるリスクもありません。     この記事に関するお問合せ エヌアイシー・パートナーズ株式会社 企画本部 事業企画部 この記事に関するお問い合せは、「こちら」からお願いします。   参考情報 (製品情報) IBM Cloud Pak for Security (資料) IBM IBM Cloud Pak for Security 製品 (資料) IBM Cloud Paks シリーズ ご紹介資料 (資料) サイバー脅威対応製品アップデート (IBMサイト) IBM Cloud Pak for Security  

2021年02月19日

ハイブリッド/マルチクラウド環境の効率的な管理を実現し、クラウドのメリットを最大化する「IBM Cloud Pak for Multicloud Management」

今後の基幹業務システムは、クラウド化・コンテナ化が進み、オンプレミス、クラウドを問わず稼働します。 クラウド環境とオンプレミス環境/プライベートクラウドを併用するハイブリッドクラウド、もしくは複数のクラウド環境を併用するマルチクラウドで稼働する企業システムの一元管理を実現するためには、従来の SoR* のシステム、およびクラウド・ネイティブな SoE*システムを、シンプルに統合管理していくことが必要になります。 この記事では、複雑化するマルチクラウド管理の現状を解説するとともに、ハイブリッド・マルチクラウド環境に対応し、効率的に IT基盤を管理する「IBM Cloud Pak for Multicloud Management」をご紹介します。 *SoR (System of Records): 「記録のためのシステム」の意味。社内に従来から存在する分断化されたレガシーシステム。 *SoE (System of Engagement): 顧客とのつながりを作り・維持し、絆を生むために、顧客視点をもとに構築した新しいITシステム。   これからのIT基盤管理における中核は、 ハイブリッド/マルチクラウドの統合管理 業務の効率化・生産性向上の実現を目的としたクラウド・ベースのサービスを利用するために、オンプレミス環境だけに留まらず、ハイブリッドクラウド、もしくはマルチクラウドを活用する企業が急増しています。 ところが、戦略的にハイブリッド/マルチクラウド環境を活用している企業はあるものの、効率的な管理ができている企業はまだ限られているのが現状です。 オンプレミス環境だけではなく、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドを積極的に活用する "ハイブリッド/マルチクラウド戦略" は、プライベートクラウドとパブリッククラウド双方の最も良い点を組み合わせるため、莫大な価値を企業にもたらします。 一方で、この複雑なハイブリッド/マルチクラウド環境には、混在するアプリケーションやシステム基盤およびデータ、複数のクラウドと複数ベンダー、そしてクラウド・テクノロジーには、それぞれベンダー独自の運用・管理ツールを利用する必要があります。 それぞれの環境が独立した管理となるため、クラウドのコストと管理の最適化を運用管理上の大きな課題として挙げる管理者も少なくありません。 これからマルチクラウド環境の導入を検討している方は、複数の環境を管理することが必要となること、また、この課題を解決する必要があることを理解しなくてはなりません。 ハイブリッド/マルチクラウド環境を効率的に管理するには、最適なパフォーマンスと利便性を維持しながらコストをコントロールできるだけでなく、セキュリティも保護できなければなりません。また、ハイブリッドクラウドの要件に合わせて、オンプレミスのレガシー・ネットワークを改良する必要もあります。 クラウド環境との効率的な連携を実現するためのネットワークには、信頼性・柔軟性・拡張性・安全性が求められます。運用負荷の軽減と柔軟性の確保を目的に、仮想化および自動化テクノロジーを活用しネットワークの管理を簡素化することで、更なる運用効率の向上を検討する必要がでてきます。 つまり、基幹業務のクラウド化・コンテナ化が進み、オンプレミス、クラウドを問わず複雑なハイブリッド/マルチクラウド環境を活用する今日の企業がこれらの課題を解決するためには、企業システムが稼働する環境を効率的に管理する「一元管理」の実現が必要なのです。 例えば、どの環境でどのアプリケーションが稼働しているのか、そのアプリケーションの負荷がどの程度なのか、を把握しコントロールすることで、アプリケーションの負荷を最適化し、無駄なアプリケーションの稼働を削減することができます。 それによってクラウド環境で利用するリソースを最適化できるため、コスト削減につながります。 今回ご紹介するようなオールインワンのハイブリッド/マルチクラウド管理ソリューションは、管理コストを削減するだけでなく、環境の選択肢を拡大します。 また、セキュリティとガバナンスを向上させ、ワークロードごとのニーズに基づいた柔軟なアプリケーション展開を可能にします。   ハイブリッド/マルチクラウド環境の統合管理ソリューション「IBM Cloud Pak for Multicloud Management」 「IBM Cloud Pak for Multicloud Management (以下、ICP4 MCM)」は、Red Hat OpenShift 上で稼動し、ハイブリッド/マルチクラウド環境を統合管理するソリューションです。 ICP4 MCM は、ハイブリッド/マルチクラウド環境全体にわたって複数の kubernetesクラスタを統合管理し、ガバナンスの強化、VM/コンテナ基盤のプロビジョニングの自動化、および共通化を提供します。 さらにアプリケーション展開後には複数のソースからのイベントを統合し、SoR/SoE 問わず統合モニタリングを実施することで障害の解決を速やかに行うことができ、可用性の向上にも寄与します。   ICP4 MCMの3つの価値 ICP4 MCM の機能は大きく「インフラ管理」「マルチクラスタ―管理」「イベント管理/アプリケーション管理」の3つに分けられます。 概要は以下の図になります。 これらの機能も含めて、ICP4 MCM が提供する価値は大きく以下の3つです。 ハイブリッド/マルチクラウド環境への仮想マシン/コンテナの迅速な展開 (「インフラ管理」「マルチクラスタ―管理」機能) イベント統合・統合モニタリングによる問題判別と解決スピードの向上 (「イベント管理/アプリケーション管理」機能) オープン・テクノロジーのサポートを提供するマルチクラウド運用管理基盤 (IBMによるサポート) それぞれについて説明をしていきます。   1.ハイブリッド/マルチクラウド環境への仮想マシン/コンテナの 迅速な展開 ICP4 MCM は、オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウドを併用するハイブリッド/マルチクラウド環境において、仮想マシン/コンテナの展開を自動化することでサーバーの構築作業を最小限にし、アプリケーションの展開を素早く実施できます。 仮想マシンの展開はテンプレートから行うため、同じアプリケーションを複数の環境(例えば、オンプレミス環境と IBM Cloud環境それぞれ)へ展開することができます。コンテナ環境においては、複数の kubernetesクラスタを統合管理することができるため、クラスタをまたがったアプリケーションの一貫したデプロイ、アップデート、管理を実現でき、リソース効率を最大化します。 アプリケーションの展開を速めることで、お客様の DX がより円滑に進められるようになります。   2.イベント統合・統合モニタリングによる問題判別と解決スピードの 向上 ICP4 MCM は、ハイブリッド/マルチクラウド環境で発生するイベントを統合し、イベント/インシデントの相関処理・優先順位付けを行うことで、環境が複雑になるのに従い長期化しやすくなっている障害対応を迅速化します。 また、アラート通知の自動化やタスクの自動化機能により、繰り返し発生する問題を解決するための工数を削減します。   3.オープン・テクノロジーのサポートを提供するマルチクラウド 運用管理基盤 ICP4 MCM は、VM およびコンテナ基盤のライフサイクルを一元管理するためのオープン・テクノロジーを IBM のサポート付きで利用できます。 ICP4 MCM のすべての管理コンポーネントはコンテナ対応済みで、Red Hat OpenShift 上で稼働するために最適化されています。 また、これらのコンテナは Red Hat で認定済みであることに加えて、IBM 認定済みのソフトウェアとして事前統合されており、IBM がサポートをするので安心して利用することができます。   このように、全社レベルでクラスタを統合管理し、アプリケーション展開速度の向上や問題対応に活用することで、ICP4 MCM はお客様のIT管理とモダナイゼーションを支援します。 また、ハイブリッド/マルチクラウドの環境を一貫した構成と共通のセキュリティ・ポリシーで管理し、オンプレとクラウドに同じ基準・ルールを適用することで、既存のレガシーシステムの運用に加えて新規のクラウド・ネイティブ技術ベースのアプリケーションも統合的に管理することが可能となり、コストを削減することも可能です。 さらに、アプリケーションの実行環境が必要なときにも、従来は数日から数週間かかっていたのに対し、即日(場合によっては数分程度)で環境を手に入れることができるのです。   *DXの進化を支える基盤- IBM Cloud Paks* レガシーシステムの問題点を解決し、オープンなコンテナ技術によるアプリの可搬性の向上とオープンなオーケストレーションによる管理・運用の効率化を実現するのが、プラットフォームを最適化するIBM のソリューション「IBM Cloud Paks」です。 IBM Cloud Paksは、エンタープライズにおけるユースケース別に6製品を、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジ・コンピューティングと同じアーキテクチャーで提供しており、これらを活用していくことで、モダナイゼーションを効率的に進めていくことができます。 また、企業固有のアプリケーション、データ、ワークロードの要件に対応する、最適なアーキテクチャーと手法を選択できます。IBMのハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォームは、Linux や kubernetes などのオープン・テクノロジーに基づいているため、選択したクラウド上でデータやアプリケーションを、安全に展開・実行・管理でき、将来にわたってロックインされるリスクもありません。     この記事に関するお問合せ エヌアイシー・パートナーズ株式会社 企画本部 事業企画部 この記事に関するお問い合せは、「こちら」からお願いします。   参考情報 (製品情報) IBM Cloud Pak for Multicloud Management (資料) IBM Cloud Pak for Multicloud Management のご紹介 (資料) IBM Cloud Paks シリーズ ご紹介資料 (IBMサイト) IBM Cloud Pak for Multicloud Management  

back to top