2021年05月

20

【やってみた】IBM Power Virtual Server でAIX環境を作ってみた

こんにちは。
てくさぽBLOGメンバーの 村上です。

本ブログは、 IBM Power Systems Virtual Server をトライしてみた手順や感想をご紹介するブログです。

IBM Power Systems Virtual Serverの 正式名称は、
IBM Power Systems Virtual Server on IBM Cloud    です。
(※2021/7 追記:正式名称に変更があり「on IBM Cloud」の部分が削除されました)
一般的には、PowerVS や Virtual Server と略されているようなのですが、似たような略称が他にもあって混同してしまいそうです・・。
そのため、本ブログではあまり略さずに、Power Virtual Server と記載します。

 

これから何回かに分けて ブログをアップしていきますので、まずインデックスのご紹介です。

インデックス

・【やってみた】IBM Power Virtual Server でAIX環境を作ってみた    ←  本ページです
【やってみた】IBM Power Virtual Server のAIX環境にSWを導入してみた
【やってみた】IBM Power Virtual Server のAIX環境を日本ロケールにしてみた
【やってみた】IBM Power Virtual Server のAIX環境をバックアップしてみた Part.1
【やってみた】IBM Power Virtual Server のAIX環境をバックアップしてみた Part.2
【やってみた】IBM Power Virtual Server のAIX環境と IBM Cloud x86環境を接続してみた

 

構築手順をご紹介する前に、Power Virtual Server を簡単にご説明します。

Power Virtual Server とは?

Power Virtual Server とは、IBM が提供するビジネス向けのクラウド 「IBM Cloud」とともに利用する、IBM の Power Systems を基盤として稼働しているLPAR環境です。

2021年5月現在、IBM Cloud には350個ものサービスがあるそうです。
以下に、 IBM Cloud と Power Virtual Server の歴史を簡単に纏めてみました。

2012年 IBMが買収したIaaS専門クラウド SoftLayer にてIaaSサービスを提供開始
2016年 SoftLayer に PaaS や SaaS のクラウドサービスを統合し、名称をBluemix に変更
2017年 Bluemix にAIの Watson が加わり、IBM Cloud としてブランド統合
2019年 Power Systems を基盤としたLPARサービス Power Virtual Server の提供開始
2020年 11月。東京データセンターにて 日本初、Power Virtual Server オープン

IBM Cloud は、ここ10年も経たない間に、SoftLayer から Bluemix に。そして IBM Cloud と着々とパワーアップしています。
同様に、Power Virtual Server も新しい機能がどんどん追加されています。近い将来で、また大きな変化があるかもしれませんね。

 

それでは、本題に戻ります。
本ページでは、Power Virtual Server のAIX環境を作成するまでの手順を以下の2つのセクションに分けてご紹介します。

1)  Power Virtual Server サービスの作成
2)  AIXインスタンス 作成

利用したクライアント端末(私のPC)は、Windwos10 バージョン2004 です。

ちなみに、私は若かりし頃、基盤SEを数年間やっていましたが、遥か遠い昔のような気がする(本当に遠い昔)・・というくらいのSEスキルです。

 

1)  Power Virtual Server サービスの作成

まずPower Virtual Server のサービスの作成から取り掛かります。サービスの作成は無償です。

IBM Cloud へログインします。IBM Cloud の ID をお持ちでない方は新規登録が必要です。

Blackの背景にWhite文字、IBMっぽいですね。

・ログイン後、画面のバーにある「カタログ」をクリックします。

・カタログの画面で Power Virtual Server を選択します。検索バーに「Power」と入力すると「Power Systems Virtual Server」が一番先頭に出てきますので「Power Systems Virtual Server 」を選択します。

自動でサービスの作成画面に変わります。

・Power Virtual Server で利用する「ロケーション」として「東京04(tok04)」を選択します。

2021年5月現在、Power Virtual Server は13か所のロケーションから選択できます。
私の自宅(テレワーク中です)は東京なので、一番近いロケーション「東京04(tok04)」を選択してみました。
ちなみに、日本には東京以外で大阪にもロケーションがあります。大阪は「Osaka21(osa21) 」として2021年3月にオープンしました。

・ロケーションの選択ができたら、画面右側の「サマリー」を確認し「作成」をクリックしてサービスを作成します。

     

以下のメッセージが出力されますが、まだサービスの作成は完了していません。

画面は「リソース・リスト」に自動で変わり、数分待つとリソース・リストの「Services」の欄に「Power Virtual Server 」が追加されました。

サービスの「状況」が「アクティブ」になったら、いよいよ「インスタンス作成」に移ることができます。

アクティブになったサービスの「名前」の部分はリンク付きになっているのでクリックし、次の作業「AIXインスタンス作成」に進みます。

 

<参考情報>
「Power Virtual Server サービス」はリージョン(地理環境)毎に作成し、「Power Virtual Server サービス」の中に「Power Virtual Server インスタンス」を作ります。
「インスタンス」とは 「LPAR(区画)」のことです。Power Virtual Server のサービス内には、複数の インスタンス(AIX/IBM i/LinuxどれでもOK)を作成することができます。
異なるリージョンにインスタンスを作成したい場合は、別の Power Virtual Server サービスを作成する必要があります。

 

2)  AIXインスタンス作成

「1) Power Virtual Server サービスの作成」でできた Power Virtual Server のサービス内にAIXインスタンスを作成します。

・「インスタンスの作成」をクリックします。

・「インスタンス名」に任意のインスタンス名を入力します。インスタンス名は「AIX72-test」にしました。作成するインスタンスは1つなので「インスタンスの数」が「1」になっていることを確認します。

VMピン(IBMサイト)」は「オフ」のままでOKです。
VMピンは、IBM i の場合はオンにするか検討しますが、AIXではシリアルナンバー固定のソフトウェアは滅多にないので(今まで出会ったことがありません)、気にしなくて良さそうです。

・SSH鍵の設定を行うため、「SSH鍵の作成」をクリックします。

・Windows標準搭載の「コマンドプロンプト」をPC上で立ち上げ、「ssh-keygen」コマンドを利用してSSHの秘密鍵と公開鍵を作成します。
※Windwos10の1803バージョンからsshクライアントが組み込まれ、特に設定を行わなくてもすぐsshを利用できるようになったようです。便利になりましたー。

# ssh-keygen -t rsa -b 4096

・SSH秘密鍵「id_rsa」と公開鍵「id_rsa.pub」が作成できたことを、PC上で確認します。

・「type」コマンドでSSH公開鍵の中身を表示し、公開鍵の文字列をコピーします。

# type . shh\id_rsa.pub

AIXインスタンス作成のWEB画面に戻ります。

・「鍵名」に任意のSSH鍵名を入力し(「my_ssh_pub」としました)、「公開鍵」には先ほどコピーした公開鍵の文字列をペーストします。
・「SSH鍵の追加」をクリックします。

SSH鍵の追加ができたら、インスタンス設定WEB画面に戻ります。

・先ほど追加したSSH鍵「my_ssh_pub」が「SSH鍵(オプション)」リストに追加されたので選択し「SSH鍵の作成」をクリックします。

以下のコメントが出力され、SSH鍵が正常に作成されました。

「ブート・イメージ」を選択します。

・「オペレーティング・システム」は「AIX」を選択します。
・「イメージ」は最新の「7200-05-01」を選択します。
・「層」は「層3」を選択します。

「層」はストレージのタイプのことです。
層1:Tier 1 (NVMe-based flash storage)
層3:Tier 3 (SSD flash storage)                        で提供されています。
価格は、層1>層3 です。今回の検証ではディスク性能を求めませんので層3を選択しました。
Tier1とTier3は同一インスタンス内で同時に利用することはできず、インスタンス作成後にTierタイプを変更することはできません。インスタンス作成時の「層(Tier)」の選択は重要ですね。

「プロファイル」の設定画面です。

・「マシンタイプ」は「S922」を選択します。
・「プロセッサー」は3種類のタイプから選択できます。「上限なし共有」を選択します。

「マシンタイプ」は東京では「E980」or「S922」が選択可能です。同じリソースを選択した場合の価格は、E980>S922となります。S922は14コアまで利用できるので、余程の大きな環境でない限り、S922で良さそうです。ただし、IBM i の場合、S922 は 1LPAR 4core までです。

・「コア」は「0.5」core、「メモリ」は「4」GBとします。
今回のデモ環境構築としてのリソースはこれくらいあれば足りるかな・・と仮置きで決めました。

コアとメモリーはインスタンス作成後、柔軟に変更できます。

「ストレージ・ボリューム」の選択画面です。

・「新規ストレージ・ボリューム」をクリックします。

AIXでは初期で20GBがrootvgに割り当てられており、ストレージを追加しなくてもインスタンスは作成できますが、後でソフトウェアを導入したいので、インスタンス作成段階で10GBを追加してみました。
ストレージ・ボリュームはインスタンス作成後でも追加できます。

・「名前」に任意の名前「stg01」を入力します
・「サイズ」は「10GB」で、「数量」は「1」とします
・「作成して接続」をクリックします。

・作成した「stg01」がリストアップされます。

 

「ネットワーク・インターフェース」の選択画面です。

・「パブリック・ネットワーク」を「オン」にします。

既存のプライベート・ネットワークは持っていませんので、インターネット回線を利用したパブリック・ネットワークで検証を行います。

これでインスタンス作成前の全ての選択が完了しました。

・「使用条件に同意する」に「✓」を入れ「インスタンスの作成」をクリックします。
※このボタンをクリックすると課金が発生します。

さすがIBM!ストレージの料金が安いですね。

「インスタンスの作成」をクリックした後は自動で「リソース・リスト」の画面に戻ります。

暫く反応がなくてドキドキしますが、3~5分後にメッセージが出力され始めます。

インスタンスの「状況」が「ビルド」→「警告」→「アクティブ」に変わり、「アクティブ」になったらインスタンスの作成が完了です。

・「名前」の「AIX72_test」の項目がリンクになっているのでクリックし、作成したインスタンスの「詳細」を確認します。

これで、AIXインスタンスの作成は完了です!

 

続きは、
【やってみた】IBM Power Virtual Server のAIX環境にSWを導入してみた
でご紹介しています。

<続きの内容>
③ AIXインスタンス 接続
④ ストレージ・ボリュームの反映
⑤ ソフトウェア導入

 

最後に

ここまでの作業は(SE歴が遠い昔)の私にも楽勝でした。
インスタンスが数分で作成できるのは、ちょっとした感動です。

今回の検証は、IBM Partner Package (IBMサイト)で提供されている IBM Cloud クレジットを利用しました。
定められているクレジット内(料金枠内)で Power Virtual Server のみではなく、IBM Cloud の様々なサービスを自由に使うことができます。

自分のIBM ID で Partner Package を利用する際は、企業とIBM IDの紐づけが必要になります。
手順が分からない、という方はご相談ください。

 

この記事に関するご質問は下記までご連絡ください。

エヌアイシー・パートナーズ株式会社
技術支援本部
E-Mailnicp_support@NIandC.co.jp

 

参考情報

 

その他の記事

2022年06月24日

【早わかり】AIX と IBM i ライセンス情報

こんにちは。エヌアイシー・パートナーズ 村上です。 2022年度は新しい試みとして、 ・理解しているつもりだけど説明はできない ・時間があれば調べたいと思っていた ・当たり前な知識かもしれなくて質問しにくい という内容を取り上げた「早わかりシリーズ」を掲載していきます。 今回は、IBM Power のメインOS、AIX と IBM i のライセンス情報をご紹介します。 AIX とIBM i は、片方のライセンス情報しか知らないという方も意外と多いので、ぜひこの機会に比較しながら読んでみてくださいね。   セクション 1) 永続ライセンスのおさらい 2) マンスリーとサブスクリプションをご存じですか? 3) ライフサイクルとバージョンのポイント   1) 永続ライセンスのおさらい AIX とIBM i のスタンダードなライセンス「永続ライセンス」。 有効期限のない永続ライセンスは、SWMA (SoftWare MAintenance) と合わせて所有します。 永続ライセンス OSを利用できる権利。1年目に購入。 SWMA 「サブスクリプション(最新バージョンへのアップグレード)」と「テクニカルサポート(対象製品に対するQAサポート)」の権利。 1年~5年で選択し、継続するためには都度オーダーが必要。 更改などで新ハードウェアへ移行する場合、 AIX 永続ライセンスはIBM Power本体に紐づくので、新ハードウェアになるタイミングで永続ライセンスが買い直しになります IBM i 既存機のライセンスを新ハードウェア移管することが可能です(移行先の機械レベルが高くなる場合は追加料金が発生) IBM i には、移行中ライセンスとして安価なITL(IBM Temporary License)が提供されたり、DR機専用のライセンスがあったりもします。   2) マンスリーとサブスクリプションをご存じですか? さて、このセクションが今回のブログの本題です。 2022年6月現在、AIX とIBM i には「永続」「マンスリー」「サブスクリプション」と3種類のライセンスがあります。 以下は利用ケースのイメージです。 利用ケース 永続ライセンス ・長期間利用 マンスリーラインセンス ・移行時の短期利用 ・スパイク(最低限の環境をさっと作って概ねの方向性を確認する) サブスクリプションライセンス ・初期投資を抑えたい場合に利用 ・HWに依存せず臨機応変に利用(中長期間でAIXの場合) サブスクリプションライセンスは、AIX は2021年、IBM i は2022年に提供が開始されました。 (表が見えにくいのでクリックして拡大してご覧ください) サブスクリプションライセンスは、今後拡張が予定されています。 利用ケースにあったライセンスを選択できるようになってきたので、臨機応変な検討ができるようになりますね。   3) ライフサイクルとバージョンのポイント 2022年6月時点で、IBMは「AIX も IBM i も将来の投資を継続する」という発表をしています。 IBM Power ユーザとしては一安心です。 どちらのOSも、サポートライフサイクルは10年間となります。 下記にバージョンのポイントを纏めてみました。 <AIX > 購入できるバージョン v7.2 , v7.3 標準サポートがあるバージョン v7.1, v7.2, v7.3 どうやってもサポートが終わっているバージョン v5.3 実はまだ有償延長サポートがあるバージョン v6.1 TLが出るタイミング(※) 1回/年、成熟してくると1回/2年 サポートライフサイクル(10年) 標準(最短6年)+延長保守(3~5年) <IBM i > 購入できるバージョン v7.3 , v7.4, v7.5 標準サポートがあるバージョン v7.3, v7.4, v7.5 どうやってもサポートが終わっているバージョン v6.1 実はまだ有償延長サポートがあるバージョン v7.1, v7.2 TRが出るタイミング(※) 2回/年(最新バージョンと1世代前のバージョンに対して) サポートライフサイクル(10年) 標準(7年)+延長保守(3年) <※TLとTRの補足> TL:テクノロジー・レベル。AIXにおける問題の修正、新しいハードウェアのサポート、ソフトウェアの機能拡張が含まれたプログラム。 TR:テクノロジー・リフレッシュ。IBM i におけるオファリング、サービス、およびハードウェアの機能拡張を提供するプログラム。 かなり前のバージョンも、延長保守のサポートがあるため更改時も安心です。 ただ、延長保守サポートは、部品不足による急な保守終了や、新規の問い合わせに対応いただけない、という面があるので要注意です。 また、延長保守サポートには細かい前提が設けられており前提にも随時変更が入りますので、ご利用を検討される際はお問い合わせください。   さいごに つい先日(2022年6月)、IBM i の複数のソフトウェアラインセンスが無償化される発表(IBM PartnerWorld)がありました。 IBM i では更改の検討が始まると、実際に利用している有償ソフトウェアの見直しが入ったりして、見積もりに時間がかかることがありますよね。 有償ライセンスが減ったことで、見積もりが少しでも簡単になり助かります。 クラウドシフトが進む中で、ライセンス体系、課金、監査方法が複雑化しています。 弊社には毎日のようにパートナー様からライセンス関連の相談やお問い合わせが来ています。 OSのみではなく、あらゆるソフトウェアのライセンス情報収集に日々奮闘(?)しているSEが多数おりますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください! ※ 本ブログの情報は時間経過とともに変更が入る可能性があります。   お問い合わせ この記事に関する、ご質問は下記までご連絡ください。 エヌアイシー・パートナーズ株式会社 E-Mail:voice_partners@niandc.co.jp  

back to top