IBM Power Systems Virtual Server

クラウドソリューション

IBM Power Systems Virtual Server は IBM Cloud を使用して、IBM AIX と IBM i のワークロードをクラウドに拡張できます。

製品概要

既存の Power systems でご利用のA IX, IBM I, Linux を、仮想サーバー単位で IBM Cloud 上で提供します。
検証環境、災対環境、資源を必要時に拡張利用、クラウド上の新規サービスとの連携などに最適です。

  • 必要な時に必要なだけ迅速に提供が可能
  • 多様なクラウドネイティブ基盤とセキュアに連携

 

お客様の課題

  1. 既存のアプリケーションを最新バージョンにする際、検証環境を準備するための
    時間・ワークロードを省力化したい
  1. 安価な運用コストで災害対環境を実現したい
    万が一に備えたい
  1. 基幹システムのデータをクラウドネイティブのアプリケーションと連携したい
  1. 社内でインフラ資源の調整をする事なく、短期間で利用したい
    複数バージョンを素早く検証したい
  1. セキュリティ・信頼性および実績のある既存プライベート環境と、
    スピード重視のクラウド環境の共存、もしくはクラウド化をしたい
  1. 日本の IT部門にて、海外現地法人、グループ会社などのガバナンスを推進したい
    (海外現地法人グループ会社など)

 

特長

  1. データバックアップも安心(要件に合わせた方式を選択可能)

 

  1. 安価にセキュアな災害対策として活用(IBM Cloud なら柔軟で多彩なバリエーション)

 

ネットワーク構成

  • Power Systems Virtual Servers は、IBM Cloud (x86) 上のリソースとは独立に管理されています
  • Public NetworkとPrivate Network という2種類のネットワークインターフェースを利用することができます

 

まとめ

  • IBMカタログから必要な環境を選択
    • CPU、メモリ、ストレージを自由に選択可能
  • IBM提供・OS持ち込み・共に選択可能
    • IBMにて提供されるOSイメージを利用可能。OSは選択したHW環境がサポートするバージョンも持ち込み可能
      ※注:Linuxはお客様持ち込みイメージのみ
  • 構築されたOS環境はお客様による管理
    • 既存管理の仕組みやプロセスを継続可能
    • 既存のスキル要員をそのまま活用可能
  • 使用に応じた価格の提供
    • 利用した時間分の課金によりコスト低減を実現
  • 全世界の拠点で利用可能
    • 順次展開中(ダラス , ワシントン D.C. , フランクフルト , ロンドン, トロント, シドニー、東京)

 

 

参考情報

back to top