2020年09月

02

IBM Cloud Pak for DataのトライアルとCloud Pakシリーズアップデート情報【2020年8月更新版】

こんにちは。
てくさぽ BLOG メンバーの佐野です。

およそ9か月前にCloud Pak for Dataのトライアルに関する記事を書きましたが、その後「触ってみてどういうものか理解できた!」「機能が豊富すぎて全部を理解するのは難しい」などの反響も頂きました。
この9か月の間にいくつかCloud Pak for Data関連のアップデートがありましたのでその情報をお届けします。

大きなトピックとして2点あります。
・トライアルだけでなくビデオでの説明・紙芝居のような操作確認をIBM Demosでご提供
・Cloud Pak for Data v3.0の出荷開始
まずはIBM Demosに関することから共有します。

 

1.IBM Demos

「Cloud Pak ExperienceというサイトでCloud Pak for Dataのトライアルができますよー」と利用方法含めて前回の記事で記載しました。
しかし、チュートリアルに従って簡単な利用方法を確認できるとはいえ、環境だけあっても「具体的にどんな機能があるんだ?」「こういう使い方できるんだろうか?」というところは自力で探して理解するしかありませんでした。
そこに対しての解決策の一つとなるのが”IBM Demos”です。

IBM Demosのサイトにアクセスをするといろいろな製品のデモや概要説明ビデオなどを探すことができます。
この中にCloud Pak for Dataもありますので、Cloud Pak for Dataに関する内容を閲覧することができます。
下の図の赤枠で括った箇所をクリックすると、IBM Demos内のCloud Pak for Dataサイトに飛びます。

サイトの表示は英語ですが、URLの最後の「?lc=en」を「?lc=ja」に変えることで日本語表示に変更することができます。ただ、一部違和感がある表現があったり、日本語字幕入りのビデオしか表示されないため、本記事では英語表示のままで説明をします。

IBM Demosはいくつかのパートに分かれています。Cloud Pak for Dataでは以下の3つです。
・Video
・Product Tour
・Hands on Lab

Videoでは概要を把握できるような説明ビデオが流れます。一部は日本語字幕有なので、英語が分からなくても内容が理解できるようになっています。

私のお勧めは「Overview of IBM Cloud Pak for Data」です。このビデオではCloud Pak for Dataの概要を理解することができます。他にはCloud Pak for Dataの特長の一つであるデータ仮想化の機能について説明している「IBM Cloud Pak for Data – Intro to Data Virtualization」も(英語ですが)見ておいた方がよいと思います。

Product Tourでは特定の機能を製品画面の操作をすることでより深く把握することができます。ただし、自由な操作はできずに、シナリオに沿った操作を紙芝居のようにできるぐらいです。
本記事の執筆時点では4つのみですが、ご自身が使いたい機能がこの中にあるようでしたら操作方法が分かりますので確認した方がよいでしょう。

Hands on Labsではトライアル用マシンを使って実際の操作を体験することができます。ここから先はIBM idが無いと操作ができません。「Experience IBM Cloud Pak for Data」ではIBM Demosから離れてCloud Pak Experienceへ移動します。

Cloud Pak Experience

Cloud Pak Experienceですが、Cloud Pak for Dataのトライアル環境です。画面が前のブログと若干異なりますが、画面左側に表示されているHands-on Learning項目のCloud Pakシリーズのリンクを押すとIBM Demosに遷移する動作は変わっていません。

トライアルを始めるといっても、いくつかの基本的なシナリオの操作をすることがベースなので、まずはデータを収集するための”Collect”から始めましょう。
画面を少し下に移動して「Log in to explore」を押します。
IBMidを持っている人はIBMidとパスワードを入力し先に進みます。お持ちでない人はIBMidを作成します。画面の真ん中に「IBMid の作成」というリンクがあるのでこちらから作成してください。

こんな画面が出ることもあるようですが、問題なければ「次に進む」を押します。

デモ環境へアクセスするために、利用条件やプライバシーに関する同意を求められますので、内容を読んだうえで「次へ」を押します。

Cloud Pak Experienceのサイトにログインした状態で戻ってきました。「Explore」を押して早速Cloud Pak for Dataを体験してみましょう。


Exploreを押すと「しばらく待て」というメッセージがでるので、少し待ちます。

しばらく待つと自動的に画面が遷移します。
ここで自分自身で操作するか、ガイド付きかを選択できます。今回は「Let’s go!」を押します。

ここから先は詳細を飛ばしますが、画面表示が日本語になっているのがうれしいですね。日本語で操作ができるなら見た目でも何が書いてあるのか理解しやすいですし、自力でなんとかなりそうな気もしてきます。
ただ、ガイド文は英語なので、どういうことをしようとしているのか?を読むのが大変かもしれません。

本ブログを書いている時点で、Cloud Pak Experience環境で使っているCloud Pak for Dataのバージョンは「3.0.1 enterprise」という最新バージョンでした。
なので、導入を検討しているようなステップにある場合でも画面や操作感が変わらない状態で確認できます。

是非、データ分析基盤の導入を検討する際にはCloud Pak Experienceを使ってみて下さい。

 

2.Cloud Pak for Data v3アップデート情報

Cloud Pak for Data v3が2020/6/19に出荷開始となりました。主なアップデート内容は以下になります。

  • DataOps機能拡張
    • Watson Knowledge Catalog機能拡張およびデータ仮想化連携強化
    • セキュリティ強化
    • ⾮構造化データ管理の拡張(InstaScan)
  • AIの機能拡張
    • ML Ops
    • Auto AIの機能拡張
  • コンポーネントの拡張
    • Planning Analytics、Virtual Data Pipeline、Master Data Managementを含む新たなサービス群の追加
  • 運用機能拡張
    • 監査、バックアップといった運用機能強化
  • OpenShift v4.3対応
  • UIの変更
  • Cloud Pak for Dataライセンス名称の変更(Cloud Native→Standardへ変更)及びnon-productionライセンスの提供(Enterpriseのみ)

紙面の関係上、具体的な機能のアップデートは省略してコンポーネント拡張とライセンスについてご説明します。

Cloud Pak for Data v3で利用できるコンポーネントの一覧を図にまとめました。

ベースコンポーネント列にある製品(機能)はCloud Pak for Dataを購入すれば利用できます。追加サービス列にある製品(機能)はCloud Pak for Dataライセンスには含まれず、個別にライセンスを購入する必要があります。
表の中でも青文字で書かれた製品が今回のv3の提供に伴って追加となっています。この提供形態はv2.5からですが、追加サービスはどんどん増えているので今後の拡張にも期待できます。

追加サービスを購入する場合、例えばDataStageは個別の製品ライセンスとしても販売していますので既にDataStage自体をご利用になられているお客様もいらっしゃるのではないかと思います。
そういったお客様がCloud Pak for Dataへ移行しやすくなるように、一部の追加サービス製品においては既存環境のライセンスをCloud Pak for Dataの追加サービスに置き換えることで既存環境・Cloud Pak for Data環境どちらでも利用可能となるものもあります。
具体的な例を図に表しました。

この例では既に2,800PVU(40VPC相当)のDataStage環境をお使いのお客様がCloud Pak for Data DataStage追加サービス×40VPCへ置き換えたケースです。
図に示しているいずれのシーンにおいても、ライセンスを追加購入する必要がないため、Cloud Pak for Dataへ移行している最中であっても、もちろんCloud Pak for Dataへ移行した後であっても追加のライセンス費用はかかりません。

また、単体製品としてのDataStageからCloud Pak for Data DataStage追加サービスへのトレードアップもできますので、ゼロからライセンス買い直しをせずにCloud Pak for Dataを利用することができるようになり、非常にお得です。

注:ライセンス情報・コンポーネント情報は更新される場合がありますので最新情報を必ずご確認下さい

 

3.まとめ

Cloud Pak for Dataはまだまだ発展しており、更新情報も全部ご説明ができていませんが情報てんこ盛りになってしまいました。

データ分析基盤をご検討頂いている方には自社のデータ分析をどのように効率できるのか、是非ともCloud Pak for Dataを体験頂き、その体験をするためにこの記事がお役に立てれば幸いです。

また、別のコラムやホワイトペーパーでデータ分析基盤について解説していますので、そちらもあわせてご確認下さい。

 

この記事に関する、ご質問は下記までご連絡ください。

エヌアイシー・パートナーズ株式会社
技術支援本部
E-Mail:nicp_support@NIandC.co.jp

その他の記事

2022年06月24日

【早わかり】AIX と IBM i ライセンス情報

こんにちは。エヌアイシー・パートナーズ 村上です。 2022年度は新しい試みとして、 ・理解しているつもりだけど説明はできない ・時間があれば調べたいと思っていた ・当たり前な知識かもしれなくて質問しにくい という内容を取り上げた「早わかりシリーズ」を掲載していきます。 今回は、IBM Power のメインOS、AIX と IBM i のライセンス情報をご紹介します。 AIX とIBM i は、片方のライセンス情報しか知らないという方も意外と多いので、ぜひこの機会に比較しながら読んでみてくださいね。   セクション 1) 永続ライセンスのおさらい 2) マンスリーとサブスクリプションをご存じですか? 3) ライフサイクルとバージョンのポイント   1) 永続ライセンスのおさらい AIX とIBM i のスタンダードなライセンス「永続ライセンス」。 有効期限のない永続ライセンスは、SWMA (SoftWare MAintenance) と合わせて所有します。 永続ライセンス OSを利用できる権利。1年目に購入。 SWMA 「サブスクリプション(最新バージョンへのアップグレード)」と「テクニカルサポート(対象製品に対するQAサポート)」の権利。 1年~5年で選択し、継続するためには都度オーダーが必要。 更改などで新ハードウェアへ移行する場合、 AIX 永続ライセンスはIBM Power本体に紐づくので、新ハードウェアになるタイミングで永続ライセンスが買い直しになります IBM i 既存機のライセンスを新ハードウェア移管することが可能です(移行先の機械レベルが高くなる場合は追加料金が発生) IBM i には、移行中ライセンスとして安価なITL(IBM Temporary License)が提供されたり、DR機専用のライセンスがあったりもします。   2) マンスリーとサブスクリプションをご存じですか? さて、このセクションが今回のブログの本題です。 2022年6月現在、AIX とIBM i には「永続」「マンスリー」「サブスクリプション」と3種類のライセンスがあります。 以下は利用ケースのイメージです。 利用ケース 永続ライセンス ・長期間利用 マンスリーラインセンス ・移行時の短期利用 ・スパイク(最低限の環境をさっと作って概ねの方向性を確認する) サブスクリプションライセンス ・初期投資を抑えたい場合に利用 ・HWに依存せず臨機応変に利用(中長期間でAIXの場合) サブスクリプションライセンスは、AIX は2021年、IBM i は2022年に提供が開始されました。 (表が見えにくいのでクリックして拡大してご覧ください) サブスクリプションライセンスは、今後拡張が予定されています。 利用ケースにあったライセンスを選択できるようになってきたので、臨機応変な検討ができるようになりますね。   3) ライフサイクルとバージョンのポイント 2022年6月時点で、IBMは「AIX も IBM i も将来の投資を継続する」という発表をしています。 IBM Power ユーザとしては一安心です。 どちらのOSも、サポートライフサイクルは10年間となります。 下記にバージョンのポイントを纏めてみました。 <AIX > 購入できるバージョン v7.2 , v7.3 標準サポートがあるバージョン v7.1, v7.2, v7.3 どうやってもサポートが終わっているバージョン v5.3 実はまだ有償延長サポートがあるバージョン v6.1 TLが出るタイミング(※) 1回/年、成熟してくると1回/2年 サポートライフサイクル(10年) 標準(最短6年)+延長保守(3~5年) <IBM i > 購入できるバージョン v7.3 , v7.4, v7.5 標準サポートがあるバージョン v7.3, v7.4, v7.5 どうやってもサポートが終わっているバージョン v6.1 実はまだ有償延長サポートがあるバージョン v7.1, v7.2 TRが出るタイミング(※) 2回/年(最新バージョンと1世代前のバージョンに対して) サポートライフサイクル(10年) 標準(7年)+延長保守(3年) <※TLとTRの補足> TL:テクノロジー・レベル。AIXにおける問題の修正、新しいハードウェアのサポート、ソフトウェアの機能拡張が含まれたプログラム。 TR:テクノロジー・リフレッシュ。IBM i におけるオファリング、サービス、およびハードウェアの機能拡張を提供するプログラム。 かなり前のバージョンも、延長保守のサポートがあるため更改時も安心です。 ただ、延長保守サポートは、部品不足による急な保守終了や、新規の問い合わせに対応いただけない、という面があるので要注意です。 また、延長保守サポートには細かい前提が設けられており前提にも随時変更が入りますので、ご利用を検討される際はお問い合わせください。   さいごに つい先日(2022年6月)、IBM i の複数のソフトウェアラインセンスが無償化される発表(IBM PartnerWorld)がありました。 IBM i では更改の検討が始まると、実際に利用している有償ソフトウェアの見直しが入ったりして、見積もりに時間がかかることがありますよね。 有償ライセンスが減ったことで、見積もりが少しでも簡単になり助かります。 クラウドシフトが進む中で、ライセンス体系、課金、監査方法が複雑化しています。 弊社には毎日のようにパートナー様からライセンス関連の相談やお問い合わせが来ています。 OSのみではなく、あらゆるソフトウェアのライセンス情報収集に日々奮闘(?)しているSEが多数おりますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください! ※ 本ブログの情報は時間経過とともに変更が入る可能性があります。   お問い合わせ この記事に関する、ご質問は下記までご連絡ください。 エヌアイシー・パートナーズ株式会社 E-Mail:voice_partners@niandc.co.jp  

back to top