HCL Domino

コミュニケーション

HCL Notes/Domino は、メール、チャット、アプリケーション、ディレクトリー、アクセス管理など業務に必要な要素をすべて搭載した強力なアプリケーション・プラットフォームです。

概要

HCL Domino は、Domino へのアプリケーション投資を保護し、将来のローコード・アプリ開発者の意思決定に最適な選択肢として Domino が選ばれることを目指しています。

 

HCL Domino の主な機能

  • データベース機能
  • 検索エンジン
  • メール・サーバー機能
  • HTTP(Web)サーバー機能
  • サーバー冗長化機能
  • 他システム連携機能
  • ディレクトリ機能
  • 認証&アクセス制御機能
  • アプリケーション開発環境
  • 管理機能、など…

V11 の主な機能と特長

最新バージョンである V11 は、重要なマイルストーンであり、15,000 を超える企業・団体で使われるアプリケーションが次世代レベルに移行する礎になると考えています。

アプリケーションプラットフォームである Domino へ
  • 効率的な Low-code ツールを追加
  • 既存のアプリケーションやメールを持ち出そう
HCL Domino Volt HCL Domino Nomad Directory Synchronization
60-70%のアプリ開発の高速化
Web ベースで容易にアプリ作成

最小限の工数での既存アプリの
モバイル対応

Microsoft Active Directory との同期による認証の簡素化

  • 新しい Domino 上の low-code 開発ツール
  • フォームやフォームでワークフローを回すアプリに最適
  • 設計と実行が同一環境
  • 既存のアプリケーションに幅を広げる存在
  • 実行環境の追加
  • モバイル UX 拡張
  • GPS サポート
  • メールサポート

*Notesが持っているセキュリティ機能やオフラインにも対応

  • 連携する連絡先情報
  • Microsoft Active DirectoryとDomino Directory の同期
  • セキュリティグループと配布グループ

*認証が ADFS のみであれば、管理者はマウスを右クリックするだけで新しい Domino アプリケーション、またはメールユーザーの登録が可能

 

Notes/Domino で働き方改革

「iPad 向けアプリケーションの展開」でも、Notes/Domino は All In One!

iPad 向けアプリケーションの展開に、追加のライセンスや、新規のシステムは必要ありません。

Notes のライセンス、Domino サーバー、Domino Designer だけで iPad 業務アプリケーションの展開が可能です。

 

Notes で実現していた高度なセキュリティーは iPad でもそのまま利用可能

アプリケーションや文書単位でのアクセス制御、ビューの書き出し禁止、ローカルへの複製の制限などの Notes アプリのセキュリティは iPad でも利用
できます。

 

在席確認&チャットと連携した業務アプリケーションでコミュニケーションをもっとスムーズに

Notes/Domino のライセンスだけで利用できる Sametime Limited Use でのモバイル・アプリを利用できます。

iPad で業務アプリを展開したら、チャットも活用してコミュニケーションをスムーズに。

 

オフラインでも利用可能な業務アプリケーションで時間や場所に制限されない働き方を実現

Notes クライアントや HCL Domino Mobile Apps なら、業務アプリケーションを端末上に「レプリカ(複製)」してオフラインで利用できます。

移動中や電波の弱い場所でも利用可能な業務アプリケーションで、より柔軟な働き方をサポートします。

 

コンテンツの作成に IT の専門知識は不要。現場の担当者がコンテンツを作成・共有・更新できる

Notes アプリケーションなら、掲示板やディスカッションだけではなく、業務マニュアルや規程集のような業務アプリのコンテンツもユーザー部門で
作成することが簡単に。

Domino Designer を使えば、部門単位でのアプリケーション開発も可能です。

 

業務アプリに蓄積したデータをクエリー構文でアクセスして他システムから活用

Notes アプリのデータは、他システムからクエリー構文で参照できます。

node.js など他の Web アプリケーション開発にも Notes/Domino のアプリやデータが活用できます。

 

 

参考情報

HCL 社サイト:Welcome to HCL Software Product Documentation

back to top