IBM Cloud Pak for Integration

データ連携

IBM Cloud Pak for Integration は、アプリケーション、データ、クラウド・サービス、APIの統合を支援するハイブリッド統合プラットフォームです。

製品概要

IBM Cloud Pak for Integration は、これまでの基幹システムで多くの導入実績を持つ製品機能をベースに、コンテナ対応等のクラウド・ネイティブ環境への最適化することで、データやシステムのスムーズな連携を実現しています。
また、さまざまなインテグレーションの課題に対応した統合プラットフォーム「IBM Cloud Pak for Integration」を提供しています。

特長

IBM Cloud Pak for Integration は、実績のある Red Hat OpenShift Container Platform に最適化されており、また、統合機能用の OpenShift ライセンスが同梱されています。
これにより、Cloud Pak for Integration は、オンプレミス、IBM Cloud、Private Cloud、他社 Cloud など OpenShift が稼働する環境であればどこでも、製品のデプロイ、及び、一貫性のある運用管理が可能となります。

  • 既存の MQ、App Connect 、API Connect、DataPower、Aspera などテクノロジーを統合
  • シンプルなユーザー・インターフェースの提供
  • コンテナ技術に最適化
  • オンプレ、IBM Cloud、他社クラウドなど、要件に応じて柔軟にデプロイが可能
  • シンプル/柔軟なライセンス体系(VPC課金)

 

Platform Navigator 画面

複数の統合製品にまたがってシンプルな操作性を実現します。

アセット・リポジトリー機能

統合アセットの可視性、再利用、包括的なデバッグ機能、セキュリティー機能を組織全体で共有できます。

製品間の連携強化

ACE で設計作成した API を、API Connect に直接ステージングします。

  • GUI
  • CLI: mqsipushapis
  • REST APIs POST /apiv2/api-push-api

  • ステージングする複数の API を一括選択
  • API 設定、製品化
  • API Connect へのステージング

 

IBM Cloud Pak for Integration ユースケース

様々なデータ連携方法・対象をサポートし、企業内外におけるデータ連携をスムーズに実行します。

IBM Cloud Pak for Integration の メリット

Platform Navigator 機能:

Platform Navigator および SSO により、複数の Integration Instance を1画面で一元管理。より簡単、効率的に構築/管理が可能です。

共通 UI および統合パターン:

共通のルック・アンド・フィールで一貫性のある操作が可能です。また、様々な方式の統合機能の構築が容易になります。

ライセンスの単純化と柔軟性:

ライセンス体系は VPC に統一。統合機能ごとの VPC 数の引当てや、別統合機能への再引当てが可能なためライセンス運用管理の柔軟性が向上します。また、プロジェクト開始前の詳細なサイジング計画の作業が軽減します。

第三者のクラウドに容易にデプロイ可能:

Container Platform 対応の第三者クラウドでも稼働可能です。真のマルチクラウドを実現します。

IBMデモ

IBM Cloud Pak for Integration を実際に試して体感できます。

 

 

参考情報

 

back to top