IBM MQ

データ連携

IBM MQは、多様なアプリケーションやビジネス・データを、複数のプラットフォームでシンプルかつ迅速に統合するメッセージング・ミドルウェアです。メッセージ・キューを使用し、アプリケーション、システム、サービス、ファイル間で情報交換し、ビジネス・アプリケーションの作成と保守を簡素化します。

概要

IBM MQ は、あらゆるタイプのデータをメッセージとして転送できるため、企業はサービス指向アーキテクチャー (SOA) 環境やマイクロサービス・アーキテクチャーなどの柔軟で再利用可能なアーキテクチャーを構築できます。 幅広いコンピューティング・プラットフォーム、アプリケーション環境と API、および通信プロトコルと連携して、セキュリティーに富んだメッセージ配信を行います。

IBM MQ により、組織内外のメッセージとデータのフローに可視性と制御をもたらす通信層を実現し、豊富な製品のセットを備えた汎用メッセージングを提供することで、企業全体のメッセージング要件を満たし、モノのインターネット(IoT)およびモバイル端末の接続を実現します。

 

特長

IBM MQ は、堅固な接続性を備えた汎用的なメッセージング・バックボーンを提供します。 これにより、信頼性の高い柔軟なメッセージングをアプリケーションで利用し、サービス指向アーキテクチャー (SOA) を使用して既存の IT 資産を統合することが可能になります。

  • IBM MQ は、アプリケーション間で、ネットワーク経由でデータを送受信
  • メッセージ・デリバリーは確実であり、アプリケーションからは分離 されている
  • IBM MQ はメッセージをトランザクションとして交換するため、確実、かつアプリケーションは送信したメッセージが無事に送達されたことを検査する必要がないため、分離されている
  • TLS を使用して、キュー・マネージャー間のメッセージ送達を保護可能
  • Advanced Message Security (AMS) を使用して、1 つのアプリケーションによって書き込まれ、別のアプリケーションによって取得されるメッセージの暗号化および署名を実現
  • アプリケーション・プログラマーには通信プログラミングの知識は 必要がない

 

主要機能

IBM MQ は、Point-to-Point、パブリッシュ/サブスクライブ、ファイル転送、テレメトリー などのメッセージング およびキューイング 機能を、複数の操作モードで提供します

機能 概要
メッセージング
  • プログラムは、相互に直接呼び出すのではなく、メッセージ形式で相互にデータをやりとりすることによって通信を行います
キューイング
  • メッセージがキューに置かれるため、プログラムは異なる速度や時間、異なる場所で、またプログラム間で直接接続せずに、相互に独立した形で実行できます
Point-to-Point
  • アプリケーションはメッセージをキューに送信し、キューからメッセージを受け取ります
  • 各メッセージは、アプリケーションの単一インスタンスによってコンシュームされます
  • 送信側は、宛先の名前を知っている必要がありますが、存在する場所については知る必要がありません。
パブリッシュ/
サブスクライブ
  • アプリケーションはトピックにサブスクライブします
  • アプリケーションがトピックのメッセージをパブリッシュすると、IBM MQ はメッセージのコピーをそれらのサブスクライブ・アプリケーションに送信します
  • パブリッシャーは、サブスクライバーの名前、またはその存在する場所を知りません
ファイル転送
  • ファイルは、メッセージという形で転送されます
  • IBM MQ Managed File Transfer は、ファイル転送を管理し、転送の自動化を設定したり、結果をログに記録したりします
遠隔測定
  • IBM MQ Telemetry は IBM MQ Telemetry Transport (MQTT) サーバーを提供しています
  • このサーバーは、IBM MQ 環境を「モノのインターネット」、つまりネットワークの末端にある多数のモバイル・デバイス、Web デバイス、M2M デバイス、およびアプリケーションに拡張します

 

IBM MQ ネットワーク構成

  • ファイルのサイズや使用するオペレーティング・システムにかかわりなく、システム間のファイル転送を管理下に置いて実行できます。監査も可能です
  • ファイル転送を管理し、確認し、保護するために、カスタマイズしたスケーラブルな自動化ソリューションを構築できます
  • コストのかかる冗長性を除去し、保守コストを削減し、既存の IT 投資を最大限に活用することが可能になります
  • クラウド/オンプレミス上で最適なメッセージング環境を提供します

 

導入効果

メインフレームからモバイルにまで対応できる汎用的なメッセージング統合により、動的な異機種混合環境に単一の堅固なメッセージング・バックボーンを提供します。

  • 高い可用性や拡張性を備えたアーキテクチャーにより、様々なアプリケーションのニーズに対応
  • メッセージ管理を簡素化し、複雑なツールの使用に要する時間を短縮
  • オープン・スタンダードの開発ツールにより、拡張性とビジネスの拡大支援
  • アプリケーションは、プログラミング・インターフェース、IBM MQ に接続するプログラミング言語を選択可能

 

 

参考情報

back to top