IBM Aspera

データ連携

IBM Aspera は大容量ファイルやデジタル・アセット、メディアを既存のネットワーク環境で、安全かつ確実に、高速で転送することを可能にするソリューション製品群です。独自の画期的な転送プロトコル(fasp)により、現行のインフラのまま高速化を実現します。

★New!! 90日間無料トライアル

IBM Aspera on Cloud の90日間無料トライアルがIBMより提供されています (お申込みは2020年4月30日まで)。
詳細は以下のIBMサイトをご覧ください。

IBMサイト: IBM Aspera on Cloud 概要

製品概要

IBM Aspera は、大容量ファイルやデジタル・アセット、メディアを安全な環境で高速に移動、共有、同期をすることを可能にするソリューション群です。Aspera の非常に拡張性の高いソリューションは、データ・サイズ、種類、距離、ネットワーク状態にかかわらず、最大規模のデータ転送要件を最大速度で処理できるように設計されています。

 

製品ラインナップ

 製品名  製品概要
 (1) 基本コンポーネント: クライアント製品
  Aspera point-to-point Point-to-Pointのサーバーレス高速ファイル転送ツール(1:1型ファイル転送)
  Aspera desktop client 高スピード fasp™ トランスポートをサポートする転送クライアント
  Aspera connect ライセンスフリーで提供される Web ブラウザー・プラグイン
 (2) 基本コンポーネント: サーバー製品
  Aspera enterprise server 汎⽤ファイル転送サーバー(1:N型ファイル転送)
  Aspera connect server Web版汎⽤ファイル転送サーバー(1:N型ファイル転送)
 (3) 個⼈間でのファイル交換、メールの操作性で社内外と⼤容量ファイルを転送
  Aspera faspex server 個⼈間(Person-to-Person)や業務プロジェクトベースでのファイル交換
  Aspera cargo faspex serverからの⾃動ダウンローダー
 (4) グローバルにまたがる複数ノード間で統合的なファイル共有を実現
  Aspera shares Webインターフェイスを⽤いて高速スピードでファイル共有
 (5) ファイル同期・レプリケーション
  Aspera sync enterprise server や point-to-point に対してファイル同期やレプリケーション機能をアドオン
 (6) アプリケーションとの連携や、独⾃の埋め込みクライアント機能を開発可能
  Aspera SDK  クロスプラットフォームに対応するライブラリー・API を提供
 (7) インターネットを介したセキュアーなネットワーク構成に対応可能
  Aspera fasp proxy  fasp 対応プロキシー・サーバー
 (8) Asperaネットワーク全体のファイル転送管理・監視・制御をブラウザから集中管理
  Aspera console  Aspera ファイル転送業務全体を集中管理、モニタリング、制御

 

Asperaクライアント製品

1対1の拠点間ファイル転送
  • サーバー製品と導入することなく1対1で通信可能
  • 最⼤同時2クライアントまで接続可能

不特定多数とのファイル交換 モバイル対応
無償のWebブラウザー・プラグイン

出張先や作業現場からの利⽤

Asperaサーバー製品

1対N型のファイル転送をサポートするサーバー製品
  • 本社や拠点に設置するファイル転送サーバー
  • Point-to-Point や Client などの Aspera クライアント製品やAspera サーバー間同士で接続可能

 

特長

特許技術 FASP テクノロジー

Aspera ソリューションの要は、特許取得済みの fasp 転送技術です。その画期的な転送プロトコルにより、現行のインフラのまま、FTP や HTTP に比べて数十~百倍の高速化を実現し、さらに、徹底したセキュリティ、100パーセントの高信頼性、優れた帯域幅制御を提供します。

高速ファイル転送の実現
  • 既存ネットワークに最適な伝送効率
  • ファイルサイズ、転送距離、ネットワーク条件に関わらず、高パフォーマンスでファイル転送が可能
強靭なセキュリティー
  • ユーザー/エンドポイント認証(SSH)
  • 暗号アルゴリズムにAES-128を採用、 FIPS対応
  • 転送中のデータを暗号化
  • ファイルの暗号化(ファイルを暗号化/複合化しながら送受信, 暗号化したまま保存も可)
高信頼性
  • 独自アルゴリズムによるデータ整合性チェックと再送処理を行い、高信頼性を確保
  • 回線遮断時の自動リトライ機能、レジューム機能

 

なぜ速いのか

 

導入効果

  • 最高の速度と信頼性

    FTP/HTTP に比べ数百倍の速度、100%の信頼性を提供

  • 優れた帯域幅制御

    未使用の帯域を検出しフルに活用、転送率および終了時間を個別設定が可能

  • 完全なセキュリティ

    ユーザー認証、データ暗号化などオーブン・スタンダードな暗号法技術を使用

  • ソフトウェアのみで実現

    追加のインフラ投資不要で様々な環境(on-pre、Cloud、PC、Web、モバイル)に対応

 

 

参考情報

back to top