IBM Maximo

プロセス管理

予防保全による資産・設備の安定稼働と効率的な設備保全管理を実現します。

概要

IBM Maximo は、30年以上の長きにわたり EAMソフトウェアを代表する製品として高い評価を受けている製品です。
公益事業、石油・ガス、鉱業、製造、運輸、ライフサイエンス、ヘルスケア、原子力、およびサービス事業といった、複雑な業界のそれぞれのニーズに対応するためのオプションを備えた資産管理のためのフレームワークを提供し、業務最適化を実現しています。

 

特長

  • Enterprise Asset Management(EAM)パッケージのデファクトスタンダード
  • 業界特化型テンプレートを含む設備保全管理に関するベストプラクティスを提供
  • 長期間安心してご利用いただけるシステムの柔軟性・拡張性
  • カスタマイズせずにお客様の要件を満たすテーラリング機能
  • アセットマネジメントの国際規格 ISO-55000に完全準拠
  • 設備階層をはじめとする、APM/AIPMで利用される各種情報の管理

 

施設管理・保全・修理における問題、課題と対策

 

施設管理作業のユースケース

 

特徴まとめ

IBM Maximoソリューションは組織の資産管理を最適化するよう設計されており、以下に代表されるさまざまな領域で付加価値を生み出します。

  • 運用コストの削減
  • 設備のダウンタイムの短縮
  • インベントリーの保守や修理の削減
  • 保守業務の生産性向上
  • 生産計画重視による在庫管理の削減
  • 工程、インベントリー、その他サポート・サービスなど管理業務の効率化

 

IBM Maximoの提供形態

IBM Maximo には柔軟な実装オプションがあります。
オンプレミス・オファリングと Software-as-a-Service(SaaS)オファリングの両方が用意されています。

 

 

参考情報

 

back to top