Cloud Power

クラウドソリューション

IBM i (AS400)、AIX を国内シェアNo.1 のクラウド環境でご提供します! Windwos・Linuxサーバ、ネットワーク、運用 など関連サービスもご一緒にご利用いただけます。

製品紹介動画

画像をクリックするとそれぞれのYouTube動画ページへと遷移します。

◆動画の資料は、弊社パートナー様専用サイト MERITひろば(※) 内以下のページにてダウンロードが可能です。

(※)アクセスには、ログイン または  新規会員登録 が必要となります。

 

基本情報

正式名称 Cloud Power
提供OS IBM i / AIX / Windows / Linux(※)
利用HW IBM Power Systems (POWER9 / POWER8)
サービス形態 IaaS(Infrastructure as a Service)
提供 日本情報通信株式会社(NI+C)
セキュリティへの取り組み PCI DSS準拠、FISC対応
提供リージョン 東日本 / 西日本

※WindowsおよびLinux OSはIAサーバでご提供しています

 

概要

「Cloud Power」は、Power Systems を基盤とし、IBM i および AIX をシステムリソース型(IaaS)で提供するクラウドサービスです。IBM i や AIX と合わせて IAサーバ(Windows、Linux)が必要な場合は、同一セグメント上で利用可能なIAサーバもご提供することができます。
また、他社クラウドとの接続やEDIゲートウェイサービス、自動車業界向けサービスとも連携することができるため、異なるアーキテクチャを統合したクラウド環境をご提供できます。

連携性・拡張性に優れるCloud Power

※NMSPlusはNI+Cが提供しているネットワークサービスです

 

Cloud Power の歴史

Cloud Powerは、2009年にIBM i エディション、2016年に AIXエディション の提供を開始し12年目を迎えました。
2020年6月現在、75社200区画 がサービス提供中です。
ここ1年で70区画 が新規開始され、現在急成長を続けているクラウドです。

エヌアイシー・パートナズでは、2016年にCloud Powerの取り扱いを開始しました。

トップに戻る

お悩みごとの解決方法

IBM PowerSystems は成熟期を迎えています。
長期間にわたりPowerSystemsを運用される中で、エンドユーザ様、ビジネスパートナー様には様々なお悩みが出ていらっしゃると思います。

お困りごと 解決方法
ハードウェアのEOS
(保守終了)
の制約
Cloud Powerは定期的に新ハードウェアを導入しており、EOSを迎えそうなハードウェアから新ハードウェアへOSを停止せずにOSを移動することができます(LPMを利用※)。そのため、ハードウェアのEOSや保守期限の制約を受けません。
OSのアップデートが必要 IBM i は「OSバージョンリリースアップ」サービスでOSのバージョンアップサービスを提供しています。
定期的なメンテナンスが必要 Cloud Powerは年に2回程度の定期メンテナンスを実施しています。ハードウェアのFirmwareのアップデート等、通常はシステム停止が必要なメンテナンスでも、LPMを利用することでOS停止が不要となるためお客様は業務を継続することができます。
短期間利用したい お客様にてクラウド環境のご利用期間をご指定いただけます。
・システムの利用終了が間近ではあるが、ハードウェア保守が切れそうなシステム
・一定期間のみ開発検証環境を使用したいシステム
IBM i、AIXの基盤知識のある
エンジニアの不足
Cloud Powerのオプションメニュー、および案件別個別対応でお客様が担っていらっしゃる維持運用の殆どの業務をNI+Cが代わりに担うことができます。
事業継続計画の検討 東日本と西日本にクラウド施設を保有しているため、片方のリージョンが被災した場合でももう一方のリージョンで事業を継続することができます。

※LPM(Live Partition Mobility):稼働中のLPARを別の筐体に移動する機能

トップに戻る

コスト面での優位性

現在ご利用中のオンプレミスサーバに掛かっているすべてのコストを見える化し、クラウド費用と比べてください。
クラウドの費用が高額でないことを理解いただけるはずです。

 
Point1. 保守更新や固定資産管理などの管理業務が不要
Point2. 維持運用を基盤スキルを持ったSEへ委任できる
Point3. ハードウェアやOSの保有が不要
Point4. ネットワーク基盤を回線開通から保守までお任せ
できる
Point5. 東西に堅固なセキュリティと豊富な実績を持つ
データセンタを保有。BCP対応が可能

トップに戻る

システム構成

ご提供範囲

Cloud Power は、以下のOSを標準提供しております。

コロケーション、ハードウェア資産、OSおよび一部のソフトウェアはNI+Cが資産を所有し、お客様にご利用いただきます。
ミドルウェアより上位のソフトウェア、および、お客様にて回線を引き込まれる場合に関連するネットワーク機器においては、お客様の資産として運用管理いただきます。

 

ネットワーク

Cloud Power のご利用にあたり、お客様拠点からクラウドサービス拠点までのネットワーク回線について、どういったネットワークを用意できるのか、と非常に多くのご質問をいただきます。
ネットワーク回線は、以下の2つをご選択いただけます。

①NMS Plusセキュアドネット
②お客様回線の引き込み

①は、日本情報通信 (NI+C) が独自で提供しているネットワークサービスです。お客様にてネットワーク機器をご用意いただく必要がなく、ほとんどすべての作業をNI+Cへお任せすることができます。

NMS Plus
セキュアドネット
NMS Plus 対応サービス名称 費用 サービスの説明
専用線接続 NMS Plus セキュアドネットサービス
常時接続型
高品質な専用線を使って接続するタイプのサービスです。速度保障があり、
最も信頼性が高いサービスです。安定した通信を求めるお客様向けです。
ブロードバンド接続 NMS Plusセキュアドネットサービス
ベストエフォート型
NTT東西のフレッツサービスを使って接するタイプのサービスです。
速度保証はありませんが、安価で高速な通信を行うことができるサービスです。
インターネットアクセス NMS Plusセキュアドネットサービス
インターネットVPN型
端末に専用のVPNソフトウェアを導入頂き、お客様のインターネット環境から接続するタイプのサービスです。最も安価なサービスですが、クラウド側からお客様向けへのssh通信ができない等、制限事項がございます。

②は、お客様にてクラウドサービス拠点までネットワークを引き込んでいただきますので、多種多様な回線をご選択いただけますが、データセンターとの調整はお客様にて実施いただきます。

トップに戻る

利用シーン

1. システム更改先として活用

  • ハードウェア資産の管理業務に費やしていた時間を
    ビジネス戦略などの時間に充てることができます!
  • POWER8、POWER9 以外に、IAの基盤提供も可能です。
    システム全体を預けることで運用フェーズにある
    “わずらわしい管理が不要“ になります!
    ※IAの提供はCloud Powerのオプションです

2. 災害対策として活用

  • 企業のシステムは事業継続性が求められているため非常事態に備え、
    セカンダリーサイト(DR)として稼働させておくことができます!
  • 被災時に災対システムへ自動・手動切替えが可能です。
    Cloud Powerは、24時間365日体制で保守・運用をしているため、
    被災以外の障害にも即時に対応可能です!

トップに戻る

価格・料金概要

お客様のご要望にお応えするため、メニュー体系をリニューアルしました!

 

IBM i 基本メニュー

IBM i の基本メニューでは、必要なスペックやパフォーマンスに合わせて3種類のモデルを選択することができます。

メニューのリニューアルにより、IBM i のエントリーモデルを「リソース(基本メニュー)」と「運用サービス」に分割したため、「リソース」のみでもご利用いただけるようになりました。

ただし「運用サービス」が必要なお客さまは数多くいらっしゃるため、安価な価格で「運用サービス」のサポートパックをご提供しております。リソース(基本メニュー)とサポートパック、合わせてのご利用をご検討ください。

AIX 基本メニュー

AIXの基本メニューでは、必要なスペックや利用用途に合わせて5種類のモデルを選択することができます。

オプションメニュー(リソース)

以下のメニュー以外にも多様なオプションメニューをご用意しております。

オプションメニュー(ソフトウェア)

以下のメニュー以外にも多様なオプションメニューをご用意しております。

オプションメニュー(運用サービス)

以下のメニュー以外にも多様なオプションメニューをご用意しております。

※サポートパックに含まれているサービスを個別でご提供することも可能です。
単価はお問い合わせください。

トップに戻る

販売 および お問い合わせ先

提供 エヌアイシー・パートナーズ株式会社
住所 東京都中央区明石町6番4号 ニチレイ明石町ビル7階
eMail voice_partners@niandc.co.jp

トップに戻る

 

 

関連ページ

 

参考情報

パートナー様におかれましては、Peco 受付フォーム にて当サービスのご提案・販売のお問合せ、また Peco プログラムのお問合せをお受けいたします。

“Cloud Power” の販売について関する事項
“Cloud Power” は、エヌアイシー・パートナーズ株式会社 (NI+C P) にてお取り扱いしております。
詳細につきましては、上記受付フォームより、お問合せください。
弊社パートナー様 協業プログラム、通称 Peco (Partner eco) に関して
Peco プログラムの内容につきましては、「こちら」 をご覧ください。

トップに戻る

back to top