IBM Db2 データベース

アナリティクス

IBM Db2は1983年に誕生し時代に合った最先端の技術を取り入れてきているデータベースです。オンプレミスからクラウドまで企業の利用形態に応じたラインナップで企業のビジネスを支援する製品です。

概要

最新の IBM Db2 は新たに AI 機能を追加し、AI 機能も実装され、AI を組み込んだデータベースだけではなく、AI に必要なあらゆるデータを仮想統合、データに隠された新たな洞察を導き出す、自然言語で人と会話するようなデータ探索といった機能を持った AI を⽣み出すためのデータベースとなっております。

 

AI データベースとして生まれ変わった Db2

 

特長

 

Db2 データベースの利点

AI による機能強化
機械学習を活用しワークロードやクエリーの最適化を行い、
高速なデータ照会が可能になります。
AI を生み出すための機能
データ探索がより簡単になり、より複雑な関係性をモデル化できます。
データ・サイエンス系ツールへのサポートも強化しました。
迅速なデプロイメント
わずか数分でご自身の PC に Db2 を導入完了し、すべての機能が利用できます。
アプリケーション開発をすぐに始められます。
様々なデータ型やデプロイメントのサポート
NoSQL、pureXML、Graph、JSON はもちろん、
Java や .Net、Ruby、Python、Perl などの言語もサポートします。
高性能な処理
インメモリ技術、ストレージの最適化、ワークロードの管理などにより、
高性能処理を実現します。
安全性の高い環境
企業向け鍵管理を含むビルトインされた暗号化技術などで、
より安心してお使いいただけます。

 

Db2 製品エディションと Db2 オファリングの機能表

以下のファイルをご参照ください。

Icon

Db2エディション表_202011

ダウンロード(PDF 0.1MB)

出展:IBM Knowledge Center 「Db2 製品エディションと Db2 オファリングの機能

※ この表は情報提供のみを目的としています。 ライセンス、権利、および責任については、Db2 製品およびオファリングのご使用条件を参照してください。
各 Db2 エディションと Db2 オファリングに組み込まれている機能を示しています。一部の機能は、特定の Db2 エディションにおいてのみ使用可能です。

 

 

参考情報

back to top