2021年09月

07

第三回:【やってみた】WebSphere Hybrid Editionを導入してみた:アプリ導入編

こんにちは。
てくさぽ BLOG メンバーの岡田です。

IBM WebSphere Hybrid Edition(以下、WSHE)の導入をAzure上で検証してみた3回シリーズの3回目になります。

本記事ではWSHEで利用可能なアプリケーションのうち、Transformation AdvisorとCloud Foundry Migration Runtimeの導入検証を行いました。

第一回:【やってみた】WebSphere Hybrid Editionを導入してみた:OpenShift導入編
第二回:【やってみた】WebSphere Hybrid Editionを導入してみた:WebSphere Liberty導入編
第三回:【やってみた】WebSphere Hybrid Editionを導入してみた:アプリ導入編 *本編

1.WSHEで利用できるアプリケーション

WSHEではWebsphere以外に4つのアプリケーションを利用できます。今回はこのうちTransformation Advisor(以下、TAと省略)とCloud Foundry Migration Runtime(以下、CFMRと省略)の2つを導入してみました。

それぞれのアプリケーションを簡単に説明します。

TA:

オンプレミスで稼働しているJava EEアプリケーションやメッセージング環境をコンテナ環境へ移行・モダナイズできるかを簡単に調査・レポートできるツールです。WebSphereだけでなくWebLogic / Tomcat等のJavaEE環境、IBM MQも分析可能です。

CFMR:

Cloud Foundry アプリケーションを OpenShift 上で変更せずに実行することができる機能です。Cloud Foundryを利用していた管理者・開発者・ユーザーはこれまでのCloud Foundryと同様に利用できます。

 

2.事前準備

検証を行うにあたり、以下を用意しました。

・踏み台サーバー兼NFSサーバー・・・今回はAzure上にRHEL8の仮想サーバーを作成し、リモートからこのサーバーに接続して作業しました。Persistent VolumeがTAの前提環境として必要になるため、今回は作業用サーバー上でNFSサーバーを起動し、OpenshiftのワーカーノードからNFSマウントできることまで事前に確認しました。

・IBM ID ・・・ ライセンス・キーの入手に必要です。

・TA用プロジェクト・・・今回は”ta”という名前で事前にOpenshift Webコンソールにて作成しました。作成手順は以下になります。

(1)Openshift Webコンソールにて、Home-Projectsを選択します。画面右にある「Create Project」ボタンをクリックします。

(2)名前(Name)に「ta」と入力して「Create」ボタンをクリックします。

(3)Projectsのリストに作成した「ta」があることを確認します。

3.導入検証実施

IBM Cloud Pak CLI (cloudctl)を使用してコマンドラインから導入します。

以下の手順で導入を実施しました。

(1)ライセンス・キーの入手

以下のサイトにIBM IDでログインし、ライセンス・キーを入手します。ライセンス・キーが表示されたら「キーのコピー」をクリックして、ライセンス・キーを控えておきます。

https://myibm.ibm.com/products-services/containerlibrary

 

(2) cloudctl ツールのダウンロードとインストール

・cloudctlコマンドをダウンロードします。

$ curl -L https://github.com/IBM/cloud-pak-cli/releases/latest/download/cloudctl-linux-amd64.tar.gz -o cloudctl-linux-amd64.tar.gz
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   155  100   155    0     0    593      0 –:–:– –:–:– –:–:–   596
100   635  100   635    0     0   1306      0 –:–:– –:–:– –:–:–  1306
100 12.2M  100 12.2M    0     0  6794k      0  0:00:01  0:00:01 –:–:– 11.2M
$

・ダウンロードしたファイルを解凍し、パスの通っているディレクトリに移動し、実行できることを確認します。

$ tar zxvf ./cloudctl-linux-amd64.tar.gz
cloudctl-linux-amd64
$ sudo mv ./cloudctl-linux-amd64 /usr/local/bin/cloudctl
[sudo] xxx のパスワード:
$ which cloudctl
/usr/local/bin/cloudctl
$ cloudctl
NAME:
cloudctl – A command line tool to interact with IBM Cloud Platform Common Services
and IBM Cloud PrivateUSAGE:
[environment variables] cloudctl [global options] command [arguments…] [command options](以下、省略)
(3)WebSphere Hybrid EditionのCASE アーカイブをダウンロード

TAとCFMRの両方のプログラムが含まれているCASE(ContainerApplication Software for Enterprises)アーカイブをダウンロードします。コマンド出力がすべて”Success”となっていることを確認します。

$ cloudctl case save –case https://github.com/IBM/cloud-pak/raw/master/repo/case/ibm-websphere-hybrid-1.0.0.tgz –outputdir ./wshe-case

Downloading and extracting the CASE …
– Success
Retrieving CASE version …
– Success
Validating the CASE …
Validating the signature for the ibm-websphere-hybrid CASE…
– Success
Creating inventory …
– Success
Finding inventory items
– Success
Resolving inventory items …
Parsing inventory items
Validating the signature for the ibm-cfmr CASE…
Validating the signature for the ibm-transadv CASE…
– Success

(4)CASEアーカイブの検証

・CP_USER および CP_APIKEY 環境変数を設定

$ export CP_USER=cp
$ export CP_APIKEY=<ライセンス・キー>

・oc クライアントを使用して、クラスターにログイン

$ oc login -u kubeadmin -p <パスワード> https://api.nicpwhecluster.xxx.com:6443
Login successful.You have access to 59 projects, the list has been suppressed.
You can list all projects with ‘oc projects’Using project “ta”.
$

・CASE アーカイブを検証し、ライセンスを表示

これ以降のcloudctlのコマンドはroot権限で実行しています。最後に”CASE launch script completed successfully OK”と出力されていることを確認します。

# cloudctl case launch –case wshe-case/ibm-websphere-hybrid-1.0.0.tgz –inventory installProduct –action initialize –args “–viewLicense”
Welcome to the CASE launcher
Attempting to retrieve and extract the CASE from the specified location
[?] CASE has been retrieved and extracted
Attempting to validate the CASE
[?] CASE has been successfully validated
Attempting to locate the launch inventory item, script, and action in the specified CASE
[?] Found the specified launch inventory item, action, and script for the CASE
Attempting to check the cluster and machine for required prerequisites for launching the item
Checking for required prereqs…(途中省略)Kubernetes RBAC Prerequisite Verbs Result Reason
*.*/ * trueUser permissions result: OK
[?] Cluster and Client Prerequisites have been met for the CASE
Running the CASE installProduct launch script with the following action context: initialize
Executing inventory item installProduct, action initialize : launch.sh
[?] CASE launch script completed successfully
OK
#
(5)インストール構成ファイルを解凍し、確認

tgzファイルを解凍し、展開されたファイルを確認します。

# cloudctl case launch –case wshe-case/ibm-websphere-hybrid-1.0.0.tgz –inventory installProduct –action initialize –args “–acceptLicense”
Welcome to the CASE launcher
Attempting to retrieve and extract the CASE from the specified location
[?] CASE has been retrieved and extracted
Attempting to validate the CASE
[?] CASE has been successfully validated
Attempting to locate the launch inventory item, script, and action in the specified CASE
[?] Found the specified launch inventory item, action, and script for the CASE
Attempting to check the cluster and machine for required prerequisites for launching the item
Checking for required prereqs…Prerequisite Result
Client docker CLI must meet the following regex: version (1[7-9]|[2-9][0-9]). false
Client podman CLI must meet the following regex: version 1.([4-9]|[1-8][0-9]|9[0-9]). trueRequired prereqs result: OK
Checking user permissions…Kubernetes RBAC Prerequisite Verbs Result Reason
*.*/ * trueUser permissions result: OK
[?] Cluster and Client Prerequisites have been met for the CASE
Running the CASE installProduct launch script with the following action context: initialize
Executing inventory item installProduct, action initialize : launch.sh
[?] CASE launch script completed successfully
OK
# ls -al ./wshe-case/
total 824
drwxr-xr-x. 3 root root 4096 Mar 5 08:15 .
dr-xr-x—. 7 root root 198 Mar 9 05:04 ..
drwxr-xr-x. 2 root root 6 Mar 5 08:15 charts
-rw-r–r–. 1 root root 32 Mar 5 08:15 ibm-cfmr-1.0.0-charts.csv
-rw-r–r–. 1 root root 10274 Mar 5 08:15 ibm-cfmr-1.0.0-images.csv
-rw-r–r–. 1 root root 223820 Mar 5 08:15 ibm-cfmr-1.0.0.tgz
-rw-r–r–. 1 root root 32 Mar 5 08:15 ibm-transadv-2.4.1-charts.csv
-rw-r–r–. 1 root root 4216 Mar 5 08:15 ibm-transadv-2.4.1-images.csv
-rw-r–r–. 1 root root 506537 Mar 5 08:15 ibm-transadv-2.4.1.tgz
-rw-r–r–. 1 root root 32 Mar 5 08:15 ibm-websphere-hybrid-1.0.0-charts.csv
-rw-r–r–. 1 root root 1195 Mar 5 08:15 ibm-websphere-hybrid-1.0.0-images.csv
-rw-r–r–. 1 root root 67571 Mar 5 08:15 ibm-websphere-hybrid-1.0.0.tgz#
(6)cloudctl CASE インストーラーを実行

最後に”CASE launch script completed successfully OK”と出力されていることを確認します。

# cloudctl case launch –case wshe-case/ibm-websphere-hybrid-1.0.0.tgz –inventory installProduct –action install –args “–acceptLicense”
Welcome to the CASE launcher
Attempting to retrieve and extract the CASE from the specified location
[?] CASE has been retrieved and extracted
Attempting to validate the CASE
[?] CASE has been successfully validated
Attempting to locate the launch inventory item, script, and action in the specified CASE
[?] Found the specified launch inventory item, action, and script for the CASE
Attempting to check the cluster and machine for required prerequisites for launching the item
Checking for required prereqs…Prerequisite Result
openshift Kubernetes version must be >=1.17.0, <1.19.0 true
Kubernetes node resource must match a set of expressions defined in prereqs.yaml true
Client docker CLI must meet the following regex: version (1[7-9]|[2-9][0-9]). false
Client podman CLI must meet the following regex: version 1.([4-9]|[1-8][0-9]|9[0-9]). trueRequired prereqs result: OK
Checking user permissions…Kubernetes RBAC Prerequisite Verbs Result Reason
*.*/ * trueUser permissions result: OK
[?] Cluster and Client Prerequisites have been met for the CASE
Running the CASE installProduct launch script with the following action context: install
Executing inventory item installProduct, action install : launch.shStarting Install ***************************************************************Login To Cluster…
okstdout:
Using provided cluster configuration.
Logged in as kube:admin.Get Cluster Server Address…
okstdout:
https://api.nicpwhecluster.xxx.com:6443Save Cluster Server Address…
okCheck Cluster Version…
okstdout:
OpenShift 4.5.31 detected.Check Cluster Administrator Role…
okstdout:
yesGet Authorization Endpoint…
okstdout:
https://oauth-openshift.apps.nicpwhecluster.xxx.com/oauth/authorizeSave Authorization Endpoint…
okGet Default Cluster Subdomain…
okstdout:
apps.nicpwhecluster.azure-cloudpak-nicptest.comSet Cluster Subdomain…
okCheck Entitled Registry Variables…
okGet Existing Operator Subscriptions…
okstdout:
{
“other”: {}
}Set Subscriptions Properties…
okSwitch To Transformation Advisor Project…
donestdout:
Switched to ta project.Populate Transformation Advisor Operator Configuration…
doneCreate Pull Secret…
donestdout:
secret/wshe-pull-secret createdInstall Transformation Advisor Operator…
donestdout:
operatorgroup.operators.coreos.com/ta created
subscription.operators.coreos.com/wshe-transadv createdConfigure Transformation Advisor Service Account…
donestdout:
clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/cluster-admin added: “system:serviceaccount:ta:ta-operator”stderr:
Warning: ServiceAccount ‘ta-operator’ not foundAdd Security Context Constraints To User…
donestdout:
securitycontextconstraints.security.openshift.io/anyuid added to: [“system:serviceaccount:ta:default”]Check for Transformation Advisor Operator…
okGet wshe-transadv ClusterServiceVersion…
Retrying… (1 of 51)
Retrying… (2 of 51)
okstdout:
ta-operator.v2.3.4Check ta-operator.v2.3.4 ClusterServiceVersion…
Retrying… (1 of 51)
Retrying… (2 of 51)
Retrying… (3 of 51)
Retrying… (4 of 51)
Retrying… (5 of 51)
Retrying… (6 of 51)
Retrying… (7 of 51)
Retrying… (8 of 51)
okSwitch To Cloud Foundry Migration Runtime Project…
donestdout:
Created cfmr-operator project.Create Pull Secret…
donestdout:
secret/wshe-pull-secret createdConfigure Cloud Foundry Migration Runtime Service Account…
donestdout:
clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/cluster-admin added: “system:serviceaccount:cfmr-operator:wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr-serviceaccount”
clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/self-provisioner added: “system:serviceaccount:cfmr-operator:wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr-serviceaccount”stderr:
Warning: ServiceAccount ‘wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr-serviceaccount’ not found
Warning: ServiceAccount ‘wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr-serviceaccount’ not foundAdd Security Context Constraints…
donestdout:
securitycontextconstraints.security.openshift.io/restricted added to: [“system:serviceaccount:cfmr-operator:wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr-serviceaccount”]Install Cloud Foundry Migration Runtime Operator…
donestdout:
customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io/ibmcfmrprods.cfmr.ibm.com created
serviceaccount/cfmr-operator created
clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/cfmr-operator created
clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/cfmr-operator created
deployment.apps/cfmr-operator createdCheck for Cloud Foundry Migration Runtime Operator…
Retrying… (1 of 51)
Retrying… (2 of 51)
Retrying… (3 of 51)
Retrying… (4 of 51)
Retrying… (5 of 51)
okstdout:
All cfmr-operator pods are running and are ready.Switch To Cloud Foundry Migration Runtime Project…
donestdout:
Switched to cfmr-operator project.Get Default Pull Secret…
skippedSet Project Pull Secret…
skippedPopulate Cloud Foundry Migration Runtime Custom Resource…
doneInstall Cloud Foundry Migration Runtime Resource…
donestdout:
ibmcfmrprod.cfmr.ibm.com/wshe-ibmcfmrprod createdWait for Cloud Foundry Migration Runtime Install…
Retrying… (1 of 301)
Retrying… (2 of 301)
Retrying… (3 of 301)
(途中省略)
Retrying… (79 of 301)
Retrying… (80 of 301)
Retrying… (81 of 301)
Retrying… (82 of 301)
Retrying… (83 of 301)
okstdout:
The wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr job has completed successfullystderr:
+ NAMESPACE=cfmr-operator
+ LABEL_QUERY=release=wshe-ibmcfmrprod
+ sleep 10
++ oc -n cfmr-operator get job -l release=wshe-ibmcfmrprod -o ‘jsonpath={range .items[*]}{@.metadata.name}{end}’
+ JOBS=wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr
+ for JOB_ENTRY in $JOBS
++ oc -n cfmr-operator get job wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr -o ‘jsonpath={.status.active}’
+ JOB_ACTIVE=
++ oc -n cfmr-operator get job wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr -o ‘jsonpath={.status.failed}’
+ JOB_FAILED=
++ oc -n cfmr-operator get job wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr -o ‘jsonpath={.status.succeeded}’
+ JOB_SUCCEEDED=1
+ ‘[‘ -n ” ‘]’
+ ‘[‘ -n ” ‘]’
+ ‘[‘ -n 1 ‘]’
+ echo ‘The wshe-ibmcfmrprod-ibm-cfmr job has completed successfully’
+ exit 0Get Cloud Foundry Migration Runtime UI Route…
donestdout:
xx.xx.xx.xx(外部IPアドレス)

set_fact…
ok

Switch To Transformation Advisor Project…
done

stdout:
Switched to ta project.

Get Default Pull Secret…
skipped

Set Project Pull Secret…
skipped

Generate Certificate and Create Transformation Advisor Secret…
done

stdout:
Secret transformation-advisor-secret already exists

Load Generated Transformation Advisor Certificate…
ok

Populate Transformation Advisor Custom Resource…
done

Load Transformation Advisor Custom Resource…
ok

Customize Transformation Advisor Custom Resource…
done

Check Transformation Advisor Custom Resource…
ok

msg:
All assertions passed

Install Transformation Advisor Custom Resource…
done

stdout:
transadv.charts.ta.cloud.ibm.com/ta created

Check For Transformation Advisor UI…
Retrying… (1 of 51)
Retrying… (2 of 51)
Retrying… (3 of 51)
Retrying… (4 of 51)
Retrying… (5 of 51)
Retrying… (6 of 51)
Retrying… (7 of 51)
Retrying… (8 of 51)
ok

stdout:
All ui pods are running.

Check For Transformation Advisor Database…
Retrying… (1 of 26)
Retrying… (2 of 26)
Retrying… (3 of 26)
Retrying… (4 of 26)
Retrying… (5 of 26)
ok

stdout:
All couchdb pods are running.

Check For Transformation Advisor Server…
Retrying… (1 of 51)
Retrying… (2 of 51)
Retrying… (3 of 51)
Retrying… (4 of 51)
Retrying… (5 of 51)
Retrying… (6 of 51)
Retrying… (7 of 51)
Retrying… (8 of 51)
Retrying… (9 of 51)
Retrying… (10 of 51)
Retrying… (11 of 51)
ok

stdout:
All server pods are running.

Annotate Transformation Advisor Deployments…
done

stdout:
deployment.apps/ta-ew7tae-couchdb patched
deployment.apps/ta-ew7tae-server patched
deployment.apps/ta-ew7tae-ui patched

Get Transformation Advisor UI Route…
done

stdout:
ta-apps.apps.nicpwhecluster.azure-cloudpak-nicptest.com

set_fact…
ok

Mark Installation Complete…
done

Install successful *************************************************************

Installation complete.

The IBM Transformation Advisor UI is available at: https://ta-apps.apps.nicpwhecluster.xxx.com

The IBM Cloud Foundry Migration Runtime UI is available at: https://ui.xx.xx.xx.xx.nip.io

[?] CASE launch script completed successfully
OK

#

コマンド出力の最後にTAとCMFRそれぞれのアクセスするURLが表示されますのでメモしておきます。

(7)接続確認

TA:以下のURLにWebブラウザでアクセスしてページが表示されることを確認します。

https://ta-apps.apps.nicpwhecluster.xxx.com

CMFR:こちらも同様に以下のURLにアクセスしてページが表示されることを確認します。

https://ui.<外部IPアドレス>.nip.io

これで導入検証は完了です。

補足

以上が導入検証を実施した際の内容となりますが、現在は一部手順が更新されています。TAとCFMRは個別で導入するようにマニュアルが更新されています。これから導入される方は以下のマニュアルを確認の上、実施してみてください。

https://www.ibm.com/docs/en/websphere-hybrid?topic=installation

最後に

いかがでしたでしょうか。WindowsアプリやLinuxのrpmパッケージのインストールのようには簡単ではないので、すこし難しいかなと感じました。cloudctlコマンドとCASEの利用はTA、CFMRそれぞれ単体の導入でも同様に行いますので、その際にこの記事が参考になればと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


この記事に関する、ご質問は下記までご連絡ください。

エヌアイシー・パートナーズ株式会社
技術支援本部
E-Mail:nicp_support@NIandC.co.jp

 

 

 

 

 

その他の記事

2022年06月24日

【早わかり】AIX と IBM i ライセンス情報

こんにちは。エヌアイシー・パートナーズ 村上です。 2022年度は新しい試みとして、 ・理解しているつもりだけど説明はできない ・時間があれば調べたいと思っていた ・当たり前な知識かもしれなくて質問しにくい という内容を取り上げた「早わかりシリーズ」を掲載していきます。 今回は、IBM Power のメインOS、AIX と IBM i のライセンス情報をご紹介します。 AIX とIBM i は、片方のライセンス情報しか知らないという方も意外と多いので、ぜひこの機会に比較しながら読んでみてくださいね。   セクション 1) 永続ライセンスのおさらい 2) マンスリーとサブスクリプションをご存じですか? 3) ライフサイクルとバージョンのポイント   1) 永続ライセンスのおさらい AIX とIBM i のスタンダードなライセンス「永続ライセンス」。 有効期限のない永続ライセンスは、SWMA (SoftWare MAintenance) と合わせて所有します。 永続ライセンス OSを利用できる権利。1年目に購入。 SWMA 「サブスクリプション(最新バージョンへのアップグレード)」と「テクニカルサポート(対象製品に対するQAサポート)」の権利。 1年~5年で選択し、継続するためには都度オーダーが必要。 更改などで新ハードウェアへ移行する場合、 AIX 永続ライセンスはIBM Power本体に紐づくので、新ハードウェアになるタイミングで永続ライセンスが買い直しになります IBM i 既存機のライセンスを新ハードウェア移管することが可能です(移行先の機械レベルが高くなる場合は追加料金が発生) IBM i には、移行中ライセンスとして安価なITL(IBM Temporary License)が提供されたり、DR機専用のライセンスがあったりもします。   2) マンスリーとサブスクリプションをご存じですか? さて、このセクションが今回のブログの本題です。 2022年6月現在、AIX とIBM i には「永続」「マンスリー」「サブスクリプション」と3種類のライセンスがあります。 以下は利用ケースのイメージです。 利用ケース 永続ライセンス ・長期間利用 マンスリーラインセンス ・移行時の短期利用 ・スパイク(最低限の環境をさっと作って概ねの方向性を確認する) サブスクリプションライセンス ・初期投資を抑えたい場合に利用 ・HWに依存せず臨機応変に利用(中長期間でAIXの場合) サブスクリプションライセンスは、AIX は2021年、IBM i は2022年に提供が開始されました。 (表が見えにくいのでクリックして拡大してご覧ください) サブスクリプションライセンスは、今後拡張が予定されています。 利用ケースにあったライセンスを選択できるようになってきたので、臨機応変な検討ができるようになりますね。   3) ライフサイクルとバージョンのポイント 2022年6月時点で、IBMは「AIX も IBM i も将来の投資を継続する」という発表をしています。 IBM Power ユーザとしては一安心です。 どちらのOSも、サポートライフサイクルは10年間となります。 下記にバージョンのポイントを纏めてみました。 <AIX > 購入できるバージョン v7.2 , v7.3 標準サポートがあるバージョン v7.1, v7.2, v7.3 どうやってもサポートが終わっているバージョン v5.3 実はまだ有償延長サポートがあるバージョン v6.1 TLが出るタイミング(※) 1回/年、成熟してくると1回/2年 サポートライフサイクル(10年) 標準(最短6年)+延長保守(3~5年) <IBM i > 購入できるバージョン v7.3 , v7.4, v7.5 標準サポートがあるバージョン v7.3, v7.4, v7.5 どうやってもサポートが終わっているバージョン v6.1 実はまだ有償延長サポートがあるバージョン v7.1, v7.2 TRが出るタイミング(※) 2回/年(最新バージョンと1世代前のバージョンに対して) サポートライフサイクル(10年) 標準(7年)+延長保守(3年) <※TLとTRの補足> TL:テクノロジー・レベル。AIXにおける問題の修正、新しいハードウェアのサポート、ソフトウェアの機能拡張が含まれたプログラム。 TR:テクノロジー・リフレッシュ。IBM i におけるオファリング、サービス、およびハードウェアの機能拡張を提供するプログラム。 かなり前のバージョンも、延長保守のサポートがあるため更改時も安心です。 ただ、延長保守サポートは、部品不足による急な保守終了や、新規の問い合わせに対応いただけない、という面があるので要注意です。 また、延長保守サポートには細かい前提が設けられており前提にも随時変更が入りますので、ご利用を検討される際はお問い合わせください。   さいごに つい先日(2022年6月)、IBM i の複数のソフトウェアラインセンスが無償化される発表(IBM PartnerWorld)がありました。 IBM i では更改の検討が始まると、実際に利用している有償ソフトウェアの見直しが入ったりして、見積もりに時間がかかることがありますよね。 有償ライセンスが減ったことで、見積もりが少しでも簡単になり助かります。 クラウドシフトが進む中で、ライセンス体系、課金、監査方法が複雑化しています。 弊社には毎日のようにパートナー様からライセンス関連の相談やお問い合わせが来ています。 OSのみではなく、あらゆるソフトウェアのライセンス情報収集に日々奮闘(?)しているSEが多数おりますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください! ※ 本ブログの情報は時間経過とともに変更が入る可能性があります。   お問い合わせ この記事に関する、ご質問は下記までご連絡ください。 エヌアイシー・パートナーズ株式会社 E-Mail:voice_partners@niandc.co.jp  

back to top