AutoMate

製品

労働時間の増大の原因ともなる煩雑な作業はロボットにお任せ。企業の働き方改革を支援します。 それが自動化(RPA)ソリューション、AutoMate です。

基本情報

サービス・ソリューション名 AutoMate
提供 三和コムテック株式会社
大分類 ソフトウェア
カテゴリー ✔ RPA
適用対象(業種) 共通

 

概要

労働時間の増大の原因ともなる煩雑な作業はロボットにお任せ。企業の働き方改革を支援します。
それが自動化(RPA)ソリューション、AutoMate です。Automateはホスト系エミュレーションのODBCタスクとの連携を得意とするツールです。
例)IBM i/AS400 と TN5250 & ODBC。メインフレーム と TN3270。Unix/Linux/Aix と SSH。Telnet と TTY, ANSI, VT52,VT100 VT220, VT320など

活用例

1.EXCEL 作業の自動化例(AutoMateによる保守見積書の年次更新フロー)

2.IBM i 操作の自動化例(IBM iとの活用)

IBM i の基幹システムへの受注データ入力は EDI によるバッチ処理が主としても、どうしても電話やメール、FAXによる個別の処理は残り、手入力が負担となっています。

Automate で端末画面からの入力や Excel データを読み取ってアップロードや DB 更新が可能です。
電話や FAX のデータ化は人手となりますが、メールであれば本文または添付ファイルを読み取って Excel に書き込むことも可能です。

特長

AutoMate は安価でスモールスタートが可能な RPA でありながら豊富な機能と高い拡張性を有するハイスペック製品シリーズです。デスクトップ業務の自動化はもちろん、基幹業務やITインフラの運用管理も自動化の対象にできます。
また、RPA の自動処理定義方法としては主に、

  1. 画面を座標指定した操作
  2. 画像マッチングで画面のオブジェクトを認識して操作
  3. 画面を解析してオブジェクト名を判別して操作

といった方法がありますが、AutoMateは1~3のいずれも利用可能である上、最も堅牢な自動処理を構築できる”3″の画面オブジェクト解析を主とする製品です。

 

関連製品

三和コムテックは AutoMate の導入、技術支援、自動処理の構築支援といったサービスをご提供できます。

 

メリット

RPA は社内の様々な業務を自動化して効率化できるソリューションですが、適用可能範囲が広すぎて大きな投資をしたときの効果の確認がなかなか容易ではありません。

スモールスタート可能なAutoMateは小さな投資で始めて導入効果を確認し、徐々に適用範囲を拡げていくことが可能な導入しやすい製品です。
また、AutoMate は年額サブスクリプションの料金体系が多いRPA製品の中にあって、ライセンス販売の製品であり、次年度以降は保守料金だけで利用できるため、数年のスパンで投資効果を計ったとき一層その優位性が際立ちます。

 

価格・料金概要

製品名 ライセンス ライセンス保守
(年額)
備考
AutoMate Desktop
デスクトップ版
¥1,170,000 ¥234,000
  • PCでの使用を想定したソフトウェアです
  • 従来のAutoMate Premiumに相当し全てのActionおよびトリガーが使用可能ですが、実行環境オプション(Runtime)は提供されません
AutoMate Plus
サーバー版
¥4,875,000 ¥975,000
  • 複数存在する実行環境(ボット)による処理やタスクを集中管理することができるソフトウェアです
  • クライアント版機能に加え、ワークフローやエージェント間の業務連携が可能です
  • サーバライセンスには、管理サーバー1台分以外にスタジオ(タスク作成)2台、ボット(実行環境)5台分が含まれます
AutoMate Ultimate
サーバー版
¥29,250,000 ¥5,850,000
  • 無制限の実行環境(ボット)およびスタジオを使用が可能です
  • サーバライセンスには、管理サーバー1台分以外にスタジオ(タスク作成)無制限、ボット(実行環境)無制限が含まれます
  • サーバーライセンスには管理サーバーの開発環境ライセンス(HA含む)が含まれます

※ 上記価格は一例です。オプション構成により価格は変動します。詳細につきましてはお問い合わせください。
※ 価格は全て税抜きです。

ライセンスアップグレード

Automate 移行費用 ライセンス 年額保守
Professional/Runtime → Desktop ¥780,000 ¥234,000
Professional/Runtime → Plus ¥4,388,000 ¥975,000
Premium → Desktop ¥0 ¥234,000
Premium/Desktop → Plus ¥3,705,000 ¥975,000
Premium/Desktop → Ultimate ¥28,080,000 ¥5,850,000
Plus → Ultimate ¥24,375,000 ¥5,850,000

※移行後は記載の保守料金が適用されます。
※新ライセンス保守は元ライセンスの保守期間にかかわらず移行月1日のスタートとなります。
※ 価格は全て税抜きです。

お問い合わせ先

◆”AutoMate に関しましては、以下の提供元にお問合せください。

提供 三和コムテック株式会社 クラウド&サーバー事業部
住所 東京都港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビルディング 4F
電話 03-3583-2386
専用Webサイト AutoMate

◆ パートナー様におかれましては、Peco 受付フォーム にて”AutoMate”についてのお問合せ及び、Peco に関してのお問合せをお受けいたします。
Peco プログラムの内容につきましては、「こちら」をご覧ください。

参考情報

“AutoMate” の情報は、MERITひろば(※)でもご紹介しております。
(※)アクセスには、ログイン または  新規会員登録 が必要となります。

back to top