Dell サーバー製品

サーバー

エンタープライズ・アプリケーション用のプラットフォームとして、タワー型からラック搭載タイプ、ブレードサーバー、高密度のクラウド用サーバーなど、様々な用途に応じた各種ラインナップが提供されています。

概要

~ エンタープライズアプリケーション用のプラットフォームとソリューション ~

従来のインフラストラクチャーのラックおよびタワーサーバーから、モジュラーインフラストラクチャー FX、ブレード、及び VRTX ソリューションまたはハイパースケール対応の PowerEdge C、ハイパーコンバージド製品 に至るまで、お客様の特定のワークロードに合わせて最適化された、エネルギー効率に優れたソリューションです。

 

特長

Dell サーバー製品は、あらゆる規模で運用効率を最大化し、柔軟性を最適化します。高速パフォーマンス、高度な自動化、およびシンプル化された管理に焦点を当てた PowerEdge サーバーラインナップは、ITの効率性やスピードの向上を通じて信頼性に優れたコンピューティングを実現します。また、変化するミッションに適合し、ビジネスの成功を促進できるよう、合理化された直感的な管理機能を備えた、拡張性、柔軟性、効率性に優れたソリューションプラットフォームです。

 

製品 ラインナップ

※クラウド・インフラストラクチャー:クラウドに最適な高密度型
※クライアント製品は 「
Dell クライアント製品 をご参照ください。

 

PowerEdge シリーズ

タイプ イメージ画像(※各一例) 特長

T シリーズ
タワーサーバー

  • 柔軟性、高可用性、コストパフォーマンスを追及
  • 事業所やフロアに設置するのに最適なモデル

R シリーズ
ラックサーバー

  • 複数サーバーを使用している企業、床面積やストレージの設置面積が限られている企業に最適なモデル

M シリーズ
ブレードサーバー

  • 業界をリードする省電力性と効率的な運用管理を実現
  • シンプルで可用性の高いサーバー統合を実現
  • 先進的な I/O 仮想化機能を提供

FX シリーズ

  • モジュラー型サーバー、ストレージ、ネットワーキングブロックの2U ラックシャーシ構成モデル
  • データセンターの応答性が向上するよう、データセンターを再構築可能

C シリーズ

  • 受賞歴のある画期的なサーバーラインナップ
  • 最高の処理能力を最小のスペースに収容
  • 電力消費を最小限に抑え運用コスト削減
  • HPC、Web 2.0、ホスティング、データ分析、およびクラウド構築などの特定用途向け設計

VRTX

  • サーバー、ストレージ、ネットワーキング、およびシステム管理機能を1つのシャーシに統合
  • シンプル、効率性および汎用性を実現

 

iDRAC (integrated Dell Remote Access Controller)

  • Lifecycle Controller を搭載した、統合型の Dellリモートアクセスコントローラ (iDRAC)
    • 業界初の真にエージェントレスのサーバー管理ソリューションで
      効果的なライフサイクル管理を開始
  • サーバーのライフサイクル管理タスクを自動化
    • 展開、更新、監視、および保守
  • サードパーティのシステム管理コンソールとの統合を含む、OpenManage の
    全ポートフォリオに統合

iDRACとは

  • PowerEdgeサーバーに搭載されたサーバーの管理コンポーネント
  • 主に以下のような機能を提供します
    • サーバーのインベントリ情報を収集して表示
    • ネットワーク越しの PowerOn と PowerOff
    • 仮想コンソール機能
    • BIOS設定
    • Firmware の Update、Rollback
    • アラートの通知(SNMP、メール等)
    • パフォーマンス情報(HW観点でのパフォーマンス情報)

 

iDRAC9 Support Assist

  • システムのダウンタイムを最小限に抑える組み込み型の
    SupportAssist (自動ログ取得/自動通報) 機能
  • お客様がオン/オフを切り替え可能なオプション機能
  • Dell Technologies に直接「オートコール」する機能
  • プロキシサーバーまたはコンソールソフトウェアプラグイン不要
  • 予測型のアラート発報 / 自動ケース作成まで対応
    (保守契約に ProSupport Plus が必要)
  • サポートにかかる時間が短縮され、ITサービスの提供SLA が向上
SupportAssist を利用する事で大幅に時間短縮できます

 

 

参考情報

back to top