Dell EMC ストレージ製品

ストレージ

Dell EMCストレージ製品は、現在複数のポートフォリオの製品群を提供しています。幅広いお客様のご要望に適切なストレージ製品をご提案いただけます。

概要

PC でスタートしたデルのビジネスは、1994年にサーバー、1998年にストレージ、2001年にネットワークと製品ラインアップを着実に拡大。お客様にさらなる価値を届けられるよう、2016年にEMCグループと統合合併、Dell Technologies を設立し、現在複数のストレージ・ポートフォリオがあります。

Dell_History_01

 

ストレージポートフォリオ

高パフォーマンスなオールフラッシュアレイ、ハイブリッドフラッシュプラットフォームやスケールアウトNASシステムなど、用途またはビジネスの要求にかかわらず、Dell EMC のデータストレージシステムにより、より多くの処理を、より速く、より適切に実行できるようになります。

 

主な製品と特長

PowerMAX

  • パフォーマンス
    DellEMC ストレージ製品の中でもトップ3に入るハイパフォーマンスストレージ。
    汎用機との接続が考慮されていることも含め、歴史的に古い製品であるが、
    業界でも早い段階で SSD を採用したこともあり先進性もある。
    オールフラッシュモデルも低価格で提供。
  • サービス継続性
    SRDF と呼ばれる PowerMAX 自身が持つレプリケーション機能を持ち、
    DR環境も安価に構築可能。
    VPLEX や Recover Point との連携も可能で、データの遠隔地保護、
    仮想ストレージなども実現可能。
    VMware との親和性も高く、基幹業務のほか仮想環境下でも多く利用されている。
  • 拡張性
    DellEMC 独自の開発で、ハイエンド向けに設計された密結合のアーキテクチャを採用。
    スケールアウトもスケールアップも可能でサービス停止を伴わない拡張性を提供。
XtremIO (X2)

  • パフォーマンス
    DellEMC ストレージの中では最高のパフォーマンスを提供。
    オールフラッシュストレージに最適化された XIOS と呼ばれる OE を独自開発・利用し、
    メモリ上でデータを処理することで最大のパフォーマンスを引き出す。
    類稀なパフォーマンスにより、お客様がお使いの Oracle ライセンスを減らす可能性もある。
  • サービス継続性
    RAID の良いとこ取り XDP と呼ばれるデータ保管アーキテクチャを採用することで
    ドライブ障害時に迅速に復旧、サービスに影響しないアーキテクチャを採用している。
    データのほとんどをメモリ上で処理するが、電源障害などデータロスにならないように
    メモリ上のデータも冗長化。
  • 拡張性
    スケールアウトにより、容量とともにパフォマンスを劣化させないアーキテクチャを採用。
    X2 では、さらにスケールアップにも対応し、容量だけ拡張したい場合にも対応。
    4U に最大 72 本搭載可能なシャーシを採用し、データセンタに設置された場合でも
    TCO 削減に貢献。
Unity

 

  • パフォーマンス
    ミッドレンジのポジショニングではあるものの、パフォーマンスは XtremIO に匹敵する
    ハイブリッド構成においては、FAST の機能を使うことで、データベースは VDI など、
    一時的にパフォーマンスが必要なアプリケーションにも対応可能。
  • サービス継続性
    オンラインのままノードのアップグレードができるため、サービスを停止しないで
    パフォーマンスを向上させることができる。
    シングルポイントフェイラーがなく、電源にいたるまで冗長化されている。
    ネットワークポートの構成により、スイッチ障害にも対応。
  • 拡張性
    スケールアップ型のストレージで、DAE を追加することで容量を拡張することができる。
    オールフラッシュモデルでは、新たに加わったアーキテクチャにより、
    SSD を1本単位で容量を拡張することができる。
Isilon

 

  • パフォーマンス
    Generation6 でオールフラッシュモデルをリリース。
    業界でも高いパフォーマンスを発揮する NAS サーバとしてリリース。
    スケールアウトアーキテクチャを採用することでアクセスを分散し、
    IO処理が一極集中しないようになっている。
  • サービス継続性
    複数ノードでクラスタを構成し、処理を分散させ、そのノードからアクセスしても
    同じファイルにアクセスできる。
    Isilon 独自のデータ保護アーキテクチャで、構成によっては複数ノードがダウンしても
    データの IO は可能。
    レプリケーション機能もあり、データを遠隔地に保存することでサービスを継続。
  • 拡張性
    ボタンを押して数分でノードが拡張が可能。
    ノードを追加することで、容量と同時にパフォーマンスも拡張され、拡張による
    パフォーマンス劣化を防ぐことができる。
    規模の小さい事業所など、ソフトウェア版の Isilon (SDEdge) を採用することで、
    より大規模な NAS環境を構築可能。
Power Protect DD

 

  • パフォーマンス
    ストレージにバックアップデータを保存するため、テープと比較した場合の
    バックアップウィンドウは大幅に改善される。
    複数のストリームを使い、平行してバックアップデータを受け取ることができ、
    バックアップデータ容量が多い場合でも短時間で完了する。
  • サービス継続性
    独自の重複排除機能により、バックアップデータを大幅削減。
    レプリケーション機能で遠隔地にバックアップデータを保存することにより、
    いままでトラック輸送だったテープ輸送を安全に実施、コストも大幅に削減。
  • 拡張性
    マイグレーションおよび容量拡張が可能。
    ビジネスが大きくなる、バックアップ対象の増大、の両方に対応可能。

 

エヌアイシーパートナーズ支援内容

ご支援内容 1: 最適な 製品選定支援
  • 弊社ではお客様要件に応じて最適なモデルを選定・ご提案いたしますので、モデル選定に迷った場合は遠慮なくご相談ください。
ご支援内容 2:製品と保守、他社ソフトウェアを含むお見積の一本化
  • 他社ソフトウェア(例えばOSやVMwareなど)も一括して弊社(MERIT/パートナーデスク)にて対応・お見積り可能です。
ご支援内容 3: 高品質の IBM の保守サポートも選択可能
  • ストレージ製品に関しましては、IBM 技術員による保守サービス(※1)もご選択いただけます。
    (サービスに定評のあるIBM 技術員による高品質で安心の保守サービスが提供されます)

(※1)サポート対象製品については事前にご確認ください。

これら以外にもご支援可能ですので、個別に担当営業までご相談ください。

 

 

参考情報

back to top