特集・ブログ

ブログ

2015年12月14日

話題のBluemixのトライアルライセンスを活用してBIシステムの構築検証をしてみよう! Vol.3 ERSサービス作成

Vol.3 ERSサービス作成   はじめに 前回はDBサービスのdashDBを作成しテストデータをLoadしました。(前回はこちら) 今回はついにレポーティングサービスのEmbeddable Reporting Service (CognosBIのレポート機能と同等)を作成します。このERSを使用するとグラフィカルなレポートを簡単に作成することが可能です。   今回は下記の枠内のサービスを作成します。   今回の流れ ランタイムの作成 Cloudantの作成 (ERSの稼働に必要) dashDBのバインド(前回作成したサービス) ERSの作成 ERSの設定     ① ランタイムの作成 まず、アプリケーションの実行環境であるランタイムを作成します。 メニューから「カテゴリ」を選択し、「計算」カテゴリ内の「ランタイム」を選択します。   「Liberty for Java」を選択します。 ※ Liberty for JavaはBluemix版のWASであり、JavaのAPコンテナとなります。   プランが「デフォルト」となっていることを確認します。 「スペース」欄には先ほど作成したスペース名を選択します。   「名前」、「ホスト」欄に任意の名前を入力し、 「作成」を選択します。   数分後、画面が切り替わるので「アプリの概要の表示」を選択します。   アプリの概要が表示されました。 これでアプリの起動・停止や各サービスの追加・バインド、使用メモリの割り当て等の管理が可能になりました!   ② Cloudantの作成 ERS実行用のリポジトリDBとしてCloudantを作成します。 CloudantはNoSQLのDBaaSで、Webおよびモバイル・アプリの開発者に最適なJSON形式のデータを扱うことが可能です。今回はウリのNoSQLを使用していませんが、今後の慣れのためにリポジトリ用DBはCloudantを使用することにしました。Cloudantの検証も機会があればぜひ公開したいと思います。 ※ CloudantのIBMサイト http://www-01.ibm.com/software/jp/cmp/cds.html なお現時点(2015/10/1)では、dashDBのリポジトリ用DBは下記がサポート対象です。 Cloudant NoSQL DB MongoLab mongodb   カテゴリ→サービス→データおよび分析より、「Cloudant NoSQL DB」を選択します。   「スペース」、「アプリ」が先ほど作成した名称になっていることを確認します。 プランが「Shared」となっていることを確認し、「作成」を選択します。   「アプリケーションの再ステージ」が表示されるので「再ステージ」を選択します。 数分後Cloudantが使用可能になります!   ③dashDBのバインド 前回作成したdashDBをバインドします。 「サービスまたはAPIのバインド」を選択します。   「dashDB」を選択し「追加」を選択します。   先ほどと同様に「再ステージ」を選択します。   dashDBが関連付けされました!   ④ERSの作成 Embeddable Reporting Service(ERS)を追加します。 カテゴリ→サービス→ビジネス・アナリティクスより、「Embeddable Reporting」を選択します。   「スペース」、「アプリ」が先ほど作成した名称になっていることを確認します。 「無料プラン」になっていることを確認して、「作成」を選択します。   こちらも同様に「再ステージ」を選択します。   アプリケーションに3つ目のサービスが追加されました!   ダッシュボード→CFアプリ から先ほど作成したアプリを選択します。   メニューから「環境変数」を選択します。   この後の設定に必要であるため、各サービスの環境変数の値をテキストエディタ等にコピーします。 ※ 上記では環境変数の値はマスクしています。   ⑤ERSの設定 Embeddable Reporting Serviceの設定をします。 サービスから「Embeddable Reporting」を選択します。   「リポジトリーURI」に先ほどのCloudantの環境変数の“url”パラメータの値を入力し、「開始」を選択します。 ここで指定したURIのDBがERSのリポジトリ用DBとして使用されます。   「新しいパッケージ」を選択します。   先ほどの環境変数より、今回データソースとして使用するdashDBの下記パラメータを入力し、「作成」を選択します。 “jdbcurl”、“username”、“password” Embeddable Reportingのホーム画面が表示されました!     今回はここまでです。ERSサービスを作成しレポート作成の準備ができました! 次回は本シリーズの最終回で、ERSを使用して気温の遷移をグラフ化するレポートを作成します!   最後までお読みいただきありがとうございます。   ----- 技術支援本部 テクニカル・サポート部 Analytics担当 伊藤 本件に関するお問い合わせは下記メールアドレスにお願い致します。 nicp_support@NIandC.co.jp

2015年12月04日

話題のBluemixのトライアルライセンスを活用してBIシステムの構築検証をしてみよう! Vol.2 dashDBの作成、データLoad

Vol.2  dashDBの作成、データLoad   はじめに 前回は本検証の概要のご説明とBluemixのアカウントを作成しました。(前回はこちら) 今回はデータソースDBサービスのdashDBを作成しテストデータをLoadします。 dashDBはDB2 BLUによるインメモリー・アナリティクスとPureData for Analytics (Netezza) 由来のイン・データベース・アナリティクスを融合し、クラウドサービスとして利用することを可能にしたアナリティクス・サービスです。 (公式HP:http://www-01.ibm.com/software/data/dashdb/) 今回は下記の枠内の箇所です。   dashDBサービスを作成してみよう! 20分でサービス作成 ~ データロードまでできる簡単手順!   Bluemixにログイン後、左上のメニューアイコンを選択し、「ダッシュボード」を選択します。   任意のスペース名を入力し、「作成」を選択します。 ※上記が表示されない場合は左にある「スペースの作成」を選択します。     下記はスペースが作成された状態の画面です。 ※スペースはその名のとおりBluemix上の使用領域のようなイメージで、このスペース上にアプリやサービスを構築していきます。   左上のメニューアイコンを選択し、「カタログ」を選択します。 (下記はホーム画面よりメニューを選択した画面)   左側メニューの「サービス」カテゴリ中にある「データおよび分析」にチェックを入れ、 「dashDB」を選択します。     「Entry」プランになっていることを確認します。   ※ 金額が表示されていますが、トライアル期間内は無料で使用可能です。   「スペース」欄で先ほど作成したスペース名を選択します。 プランが「Entry」となっていることを再度確認し「作成」を選択します。     数分後、dashDBサービスが追加、開始されます。 「LAUNCH」を選択します。     たったこれだけのステップでDBの作成が完了です! 例えばオンプレでサーバーを用意してそこにOracleを導入となると1~3日程度掛かる場合がほとんどだと思います。これは確かに「スピーディー」です!!   ここからdashDBにテストデータをLOADしていきます。 「Load」 > 「Load from Desktop」を選択します。   Loadファイルをセットし必要であれば設定を変更します。 下記に記載の手順でCSVファイルを取得し、画面と同じ設定を行ってください。   今回は下記developerworks に掲載のファイルを使用します。 http://www.ibm.com/developerworks/jp/data/library/dashdb/dm-dashdb1-bluemix/tokyo.2013.csv ・上記を開いて、ファイル →「名前を付けて保存」を選択しお使いのPC内に「tokyo.2013.csv」の名称で保存してください。 ・IEを使用する場合は文字化けする可能性があります。その際は、表示 → エンコード →Unicode(UTF-8)を選択し、文字コードをUTF-8にしてください。   設定完了後「LoadFile」を選択します。 下記画面と同じ設定となっていることを確認してください。     Loadファイルのプレビューを確認し、「NEXT」を選択します。     今回はLoadと同時に新規のテーブルを作成するのでテーブル名、カラム名を指定します。 ※ 別途作成したテーブルに対してLoadすることも、もちろん可能です。     数分後Load完了画面が表示されるので、エラーが発生していないか確認します。 下記例では8736件すべてのレコードが正常にLoadされました。   (参考)「View the log this load」を選択すると実行ログが表示されます。 ※ テクノロジーのベースとなっている「db2」のコマンドが使用されているようです。 SQL27966W /mnt/blumeta0/db2/copy" overrides the COPY NO parameter specified in the Load. SQL3109N /opt/ibm/dsserver/work/upload_jlMfI1Rdux1443667564010.csv_144366792701. SQL3500W 02:52:07.855929". SQL3519W SQL3520W SQL3515W 02:52:07.908505". SQL3500W 02:52:07.909588". SQL3110N the input file. SQL3519W SQL3520W SQL3515W 02:52:08.160457". SQL3500W 02:52:08.161942". SQL3213I SQL3515W 02:52:08.931728".   メニューから「Run SQL」を選択するとSQLの実行環境が起動します。 テストとして、「select count(*) from tokyo」を入力し「RUN」を選択します。   画面下部に実行Logと結果が表示されることを確認します。   8736件のレコードがテーブルに入っていることが確認できました。   次回はついにレポーティングサービスのEmbeddable Reporting Service (CognosBIのレポート機能と同等)を作成します。 このERSを使用するとグラフィカルなレポートを簡単に作成することが可能です。   最後までお読みいただきありがとうございます。   ----- 技術支援本部 テクニカル・サポート部 Analytics担当 伊藤 本件に関するお問い合わせは下記メールアドレスにお願い致します。 nicp_support@NIandC.co.jp

2015年10月29日

話題のBluemixのトライアルライセンスを活用してBIシステムの構築検証をしてみよう! Vol.1 Bluemixアカウント作成

Bluemixとは? IBMさんが提供を行っているオープン・スタンダードを活用した、新しいクラウド・プラットフォーム(PaaS)です。  参考:メーカーリンク http://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/   確認したいこと 本検証では下記を確認したいと思います。 ・Bluemixを使うと「スピーディーに環境構築ができる」とのことだが、オンプレで同等の環境を構築した場合と比べてどの程度スピーディーか? ・同等のオンプレの環境(CognosBI)と比べて使い勝手はどうか?   検証の流れ Bluemixのアカウント作成 データソースDBサービス作成、テストデータLoad リポジトリDBサービス作成、レポートサービス作成 BIレポート作成   トライアル検証環境情報 (Bluemix米国南部) ・ランタイム:Liberty for Java ・データソース:dashDB ・レポーティング:Embeddable Reporting Service (CognosBIのレポート機能と同等) - リポジトリDB:Cloudant これらすべて30日間無料の「Bluemixトライアルライセンス」の範囲内で使用可能です。   トライアル検証構成図 10分でできる! Bluemixトライアルアカウント作成手順 Bluemixのサイト(https://ibm.biz/bluemix2015) にアクセスし「登録」を選択します。   「既にIBM IDをお持ちの場合」を選択します。 (IBM IDをお持ちでない方は別途作成ください。) 次ページにてIBM IDに登録している電話番号とEメール・アドレスを入力し、「アカウントの作成」を選択します。   下記の完了メッセージが表示されることを確認します。   数分後「IBM Bluemix」から下記メールが送信されますので、文中の「サービスの開始」を選択します。   IBM IDとパスワードを入力し「サインイン」を選択します。   無事Blumixにログインできました! 右上に表示されている残りのトライアル期間内は検証として自由に使用することが可能です。 次回はデータソースDBサービスのdashDBを作成します。 dashDBは「DB2 BLU」によるインメモリー・アナリティクスとPureData for Analytics (Netezza) 由来のイン・データベース・アナリティクスを融合し、クラウドサービスとして利用することを可能にしたアナリティクス・サービスです。   最後までお読みいただきありがとうございます。   ----- 技術支援本部 テクニカル・サポート部 Analytics担当 伊藤 本件に関するお問い合わせは下記メールアドレスにお願い致します。 nicp_support@NIandC.co.jp

1 8 9 10
back to top