IBM Engineering Lifecycle Management

プロセス管理

IBM Engineering Lifecycle Managementは、接続された高品質な製品の複雑な開発を支援します。システム・エンジニアやソフトウェア開発者がクラウド上で開発コストを管理し、コンプライアンスに準拠しながら要件や変化に効率的に対応して、より迅速で高品質な設計を可能にします。

概要

あらゆる産業の枠を超えてデータが共有・管理・連携される時代に全く新しい価値を想像していくために、既存の製品・商品・サービスを組み合わせ、Engineering 活動はより一層加速していくことが考えられます。

ELM は開発プロセスの透明化、AI活用またアジャイルの適用により開発効率と品質を飛躍的に向上することができます。
今後もさらに加速するであろう複雑な製品開発を IBM Engineering Lifecycle Management がサポートします。

 

製品ラインナップ

IBM Engineering Lifecycle Management アプリケーション開発とデリバリー・プラットフォーム環境を提供します。
IBM Engineering Requirements Management DOORS Family IBM要件管理ソリューションは、システムと高度なITアプリケーション開発の収集、追跡、分析、管理に役立ちます。
IBM Requirements Quality Assistant AIアシスタントを使用して、策定する要件の品質を改善できます。
IBM Engineering Workflow Management 1つのツールを使用してチーム間で連携し、コードを管理してスタンドアップ・ミーティングを実施し、スプリントを計画して、作業を追跡します。
IBM Engineering Test Management テスト計画、ワークフロー制御、トラッキング、メトリック・レポートによって、ソフトウェア配信の効率と品質を高めます。
IBM Engineering Systems Design Rhapsody リアルタイム・アプリケーションと組み込みアプリケーションの開発、検証、テスト、文書化のための視覚的なモデル駆動型環境です。
IBM Engineering Lifecycle Optimization
– Engineering Insights
エンジニアリング・ライフサイクル・データから得られる洞察を視覚化、分析、取得するために役立ちます。
IBM Engineering Lifecycle Management Automotive Compliance IBM Engineering Lifecycle Management を使用する自動車メーカーによる、Automotive Software Performance Improvement and Capability Determination (ASPICE) に対応した自社のツール・セットの標準化を支援します。

 

特長

要求管理

設計構想を元に仕様・要件を整理します。
要求記述に、Watson の自然言語解析機能を組み込み、仕様・要件の品質を AI にチェックさせることができます。

設計開発

モデルベースソフトウェアエンジニアリング(MBSE)機能により、効率的なモデリングおよびコード生成、開発者同士の的確なコミュニケーションを支援します。

テスト

テストケースの作成、自動実行ツールの活用により、テスト工数削減とテスト品質を向上します。
また、影響分析も可能です。

アジャイル

IBM ELM はアジャイル開発も支援します。
スクラムやセイフ(SAFe)といったアジャイル開発方法論を運用する機能を備えています。

製品の派生管理

仕向地の違いやグレード違い等、製品開発プロセス全体の派生管理を行うことができます。
また、開発全体の効率化を実現し、仕様変更・設計変更時に迅速に影響分析を行うことができます。

 

導入効果

開発効果

要求の抜け漏れを防止して戻りを抑制
膨大なテストやプログラミングの自動化

品質の向上

AIによる要求品質の評価
テンプレートに則った開発プロセス

コンプライアンス対応

成果物のトレーサビリティ
開発作業の透明性

リモート開発協業基盤

リモート開発の実現

生産性の向上

再利用資産の活用
プロダクトライン開発の実現

 

 

参考情報

IBMサイト:IBM Engineering Lifecycle Management

back to top