IBM Power System IC922

サーバー

IBM Power System IC922推論サーバーは、お客様のAIモデルを活用できるようにし、共通で最適化されたハードウェアとソフトウェアを使用してビジネスに関する洞察を引き出すように設計されています。

概要

学習済みの AI モデルから得られるビジネスの洞察を活用するために必要な計算集中型の低遅延のインフラストラクチャーを提供します。
POWER9 をベースにした Power IC922 は、より迅速なデータ・スループットと最小限の遅延を実現するために、高度な相互接続(PCIe Gen4、OpenCAPI)を可能にしています。

 

主な特長

加速化された計算機能:

加速化された Power IC922 は最大で6つのNVIDIA T4 GPU をサポートします。

高度なI/O相互接続:

より迅速なデータ・スループットと最小限の遅延を実現するために、高度な相互接続(PCIe Gen4、OpenCAPI)が可能にしています。第4世代のPCIeは、第3世代のPCIeの約2倍のデータ帯域幅を実現します。

最適化されたAIソフトウェア:

Power IC922推論サーバーは、POWER9用に設計された同一のAIソフトウェア(IBM Visual Insights)を使用します。

大容量ストレージ設計:

大容量ストレージを備えたPower IC922の最大のピーク・メモリー帯域幅はソケットあたり170GB/sであり、1つの2Uシステムで最大24台のSAS/SATAドライブと組み合わされます。

モジュール式で拡張可能:

お客様のニーズに合わせて拡張できるように構築されているため、お客様はオンプレミスでもプライベート・クラウド環境でもビジネス・ニーズを満たすためにインフラストラクチャーを拡張できるだけでなく、どのような拡張においても企業レベルのサポートが得られます。

 

製品ラインナップ

POWER9 のポートフォリオ

主な特長
  • お客様のニーズに応じた柔軟な拡張性
  • 物理的/仮想的管理機能
  • メインフレーム由来の可用性・信頼性
  • 旧機種・旧バージョンとの互換性
  • 優れた電力/熱量管理

 

適用エリア

1.推論アクセラレーター

推論演算アクセラレーターを集約、オープン設計の採用により柔軟性と多様性を実現

  • 推論演算アクセラレーターは複数(FPGA、GPU、ASIC)装備可能、PCIe Gen4アダプターに接続することで、スループットは2倍
  • HPE/Dell社の最大GPU搭載x86(2U筐体)サーバーと比較して、1.33倍搭載可能で、デプロイ・コストの削減に貢献
  • IBM Watson Machine Learning アクセラレーターのAPIを利用可能で、推論アプリケーションを多くのAI S/Wを完全に補完

 

2.クラウド

企業向けのRedHat OpenShift設定済みクラウド環境として最も経済的

  • プライベートクラウドのコンテナ用インフラとして最も経済的 ※従来の2.35倍の価格性能比
  • AIとクラウドを集約し、AIを取り込んだアプリケーションの場所を問わない利用を促進

 

3.データサーバー

高速NVMeドライブを最大24個搭載し、PCIe Gen4アダプターにより通信ボトルネックも回避する設計、高速演算およびデータサーバーとして真価を発揮

  • インテルCPUと比べ、プロセッサー・コア当たりのスレッドが2倍
  • ハイパフォーマンス・ストレージシステムおよびネットワーク・サーバーとして使うためにPCIe Gen4により従来の2倍のスループット性能を実現

 

推論と学習の要件の違い

学習におけるITインフラ要件 推論におけるITインフラ要件
  • 大容量、大量のデータを処理する機能
  • 大容量、大量データ処理の際にもボトルネックを発生させない一極集中した強力なデータ処理装置
  • 高帯域幅でかつ低レイテンシーの最先端のI/O機能を装備
  • AIの要求に合わせて、システムをスモール・スタートから極大にまでスケーラブルに拡張可能であることが証明されている
  • 要件の異なるあらゆるデータに柔軟に対応することができるストレージ機能
  • 強力な演算機能は必要ないが、様々な要求に対応が可能で、電力消費効率のよいデータセンター型処理装置
  • 低レイテンシーを極めた最先端のI/O機能
  • 実務として超高速レスポンスに対応するたに、需要に合わせてスケーラブルに拡張可能なデータセンター型システム

 

 

参考情報

IBM サイト:「IBM Power System IC922」「AIのための高速サーバー IBM Power Systems

back to top