IBM 製品研修

アイ・ラーニング

新入社員を育てるカリキュラムから、営業向け、IT エキスパート向けなど、他社では提供できないハイレベルなコースも取り揃えています。

コース一覧

IBM Watson

コグニティブ コンピューティング システムはプログラムに依存する従来のコンピューターとは異なります。
自然言語を解釈し、蓄積した膨大な知識や経験から学習することによって私たちの意思決定を支援し、可能性を拡げてくれます。

速習!IBM Cloud ビジネスアプリケーション開発
IBM Z

高い信頼性によりさまざまな業種で利用されている汎用エンタープライズ システムの z /OS に関連する各種コース(入門、導入、カスタマイズ、セキュリティ等)をご提供しています。

また、z /OS 下で稼動するプログラミング言語、各サブシステム、管理ツールなどの研修もご用意しています。

z/OS 基本技術
z/OS システム各分野
JCL、VSAM 自習教材
z/OS プログラミング(PL/I、COBOL、アセンブラー、REXX)
Power Systems(AIX)

IBM Power Systems 上で稼働する UNIX® である AIX® の基礎から応用までを、幅広く学習できます。
すべてのコースが演習付きですので、講義内容を実機で確認しながら短期間に理解を深めることが可能です。
LPAR も実機を使用します。

AIX 基礎
AIX システム管理
UNIX システム管理(シェル スクリプト
ネットワーク
仮想化(LPAR)
AIX:セルフスタディ
Power Systems(IBM i)

IBM i(IBM System i5、i Series®、および AS/400®)の基礎から、システム管理やプログラミングまで、効率よく学習できるコースをご用意しています。

IBM i システム 運用/管理
IBM i アプリケーション開発(RPG/CL)
IBM i:セルフスタディ
Db2/IMS

営業/SE に必要な “提案力” の強化を図ります。
経験豊富な講師陣による実践的な研修です。

Db2
設計者向け(Linux/UNIX/Windows)
管理者向け(Linux/UNIX/Windows)
設計者/プログラマー 向け(Db2 for z /OS)
管理者向け(Db2 for z/OS)
IMS、InfoSphere DataStage
SPSS

統計解析のスタンダード ツールである Statistics やデータマイニング ツールである Modeler の操作方法や結果の見方、またその他分析に必要な理論や実践コースまで、幅広く取り揃えています。

Statistics 基本操作、グループの比較
関係性の発見、予測と判別
カテゴリカル データの分析、医療系コース
テキストマイニング、データマイニング
WebSphere/CICS/IBM MQ

WebSphere は、既存の IT 資産を有効活用しながらオープンな SOA を実現し、市場の変化に柔軟に対応します。
アプリケーション 構築/配備 の基盤である WebSphere Application Server や WebSphere MQ、SOA を実現する製品群のコースをご提供します。
ほとんどのコースは演習付きコースですので、実際に触って試してみることにより一層理解を深めることができます。

WebSphere Application Server、WebSphere Application Integration
CICS
IBM MQ
その他 IBM 製品/サービス
ディシプリンド アジャイル デリバリー ~エンタープライズ アジャイル実践~
IBM Business Process Manager Standard V8.5 プロセス アプリケーション開発実装
IBM Cognos Analytics【概要(v11.0)】
IBM Cognos Analytics【ビジネスインテリジェンス レポート基本演習(v11.0)】
IBM 製品研修:e-ラーニング

この e-ラーニングは、アイ・ラーニングの教室で行っている IBM 製品研修と同等の内容を動画コンテンツでご提供しているものです。

プロフェッショナルな講師が行う講義を、自分のタイミングに合わせて何度も視聴することが可能です。
製品の基礎からシステム管理、プログラミングまで、効率よく学習できるコースをご用意しています。

AIX、IBM i
IMS、CICS、WebSphere/MQ、BPM
Db2

※Zoomを使用したオンラインクラスにつきましては、以下の点をご確認ください。

 

人材開発支援助成金について

  • 【助成金可能性有】の研修コース受講で習得できるスキルが、受講者の専門スキルとして必要とされる職種及びその他の条件が整えば、助成金受給の対象になりえます。
  • 上記研修コースの助成金活用の詳細及び申請内容に関しましては、別途「各都道府県労働局」にて、ご確認をお願いいたします。

 

ご受講までの流れ・お申込みについて

ご受講までの流れ および お申込み に関しては、下記ページをご参照ください。

 

ご質問・お問い合わせ

当研修に関するご質問・お問い合わせは以下の窓口よりお受けしております。

エヌアイシー・パートナーズ お問い合わせ窓口

back to top