IBM Cloud Pak for Automation

ソフトウェア

IBM Cloud Pak for Automation は、既存ワークロードのモダナイゼーションを手伝う上で重要な役割を果たす「IBM Cloud Paks」シリーズのなかで、ビジネス・プロセスと意思決定、コンテツの変革を支援するソリューションです。

製品概要

業務オペレーションに合わせて、複数の業務機能を連携し、見える化するワークフロー基盤です。

業務進捗やボトルネックをリアルタイムに見える化するとともに、AI や RPA など新しいテクノロジーと既存システム、外部 API、人を柔軟に連携して、デジタル時代の業務オペレーションを実現します。

 

特長

Cloud Pak for Automation は、業務の自動化に寄与する機能群を企業内でプライベートクラウド環境に構築し、必要に応じてご利用頂けるソフトウエアです。

クラウドを自由に選択:

任意のクラウド・プラットフォームに導入して実行できます。
アプリケーションの変更やデータのマイグレーションを行わずに、既存の自動化ランタイムを移行できます。

運用の全体像を把握:

すべてのプラットフォーム・コンポーネントにわたるビジネス・データとシステム・データを収集し一元化することで、ビジネス・マネージャーがリアルタイムで運用パフォーマンスを確認できます。

容易な購入と運用:

シンプルかつ一貫性のあるライセンス交付により、1つの柔軟なパッケージでプラットフォームを稼働できます。必要な分のみを支払います。
将来的に、他のプラットフォーム機能にライセンスを再割り当てすることができます。

事前統合された機能:

事前統合されたワークフロー、コンテンツ、意思決定、取り込みの機能を活用することで、大規模にすべてのタイプの作業をインテリジェントにデジタル化および自動化することができます。

 

業務自動化機能一覧

Operational Decision Manager
ビジネス・ルール管理

ビジネスの差別化を生みだすルールの統合管理を実現するビジネス・ルール管理製品

Business Automation Workflow
ワークフロー管理

簡易ワークフローからエンタープライズ・レベルの業務処理を統合管理するビジネス・プロセス管理製品(旧IBM Business Process Manager & IBM Enterprise Case Manager)

FileNet Content Management
コンテンツ管理

企業内の非構造化情報の統合管理を実現するエンタープライズ・コンテンツ管理製品

Datacap & Content Analyzer
OCR ソリューション

インテリジェントな文書キャプチャーで企業のペーパーレスを統合管理する OCR 製品

Business Automation Insights
ビジネス・モニタリング

業務データを監視し KPI とダッシュボードでレポーティング作業を軽減

 

IBM Cloud Pak for Automation メリット

Time to Valueを加速:

あらかじめ統合されたワークフロー、コンテンツ、意思決定、及びキャプチャ機能を活用して、あらゆる種類の作業をインテリジェントにデジタル化し、大規模に自動化できます。

ビジネスユーザーによる自動化の促進:

統合した Low – Code ツールにより、ビジネスユーザーはビジネスアプリケーションを作成可能になります(作るから組み立てるへ)。分析機能とデータの視覚化機能により、業務パフォーマンスの可視性を高めビジネス KPI と結びつけます。

ビジネスプロセスに AI を組み込み:

業務オペレーションのデータを収集・分析し、機械学習や AI によって改善のアドバイスを提供します。

ライセンスの単純化と柔軟性:

複数の統合機能が統合されていますが、 ライセンス体系は VPC 課金と単純化されています。また、統合機能ごとに、VPC のライセンスの引き当てや、別の統合機能へ再引き当てができるため柔軟性が向上しています。プロジェクトの開始前に、詳細なサイジング計画の作業を軽減します。

どこでも稼働し運用を共通化:

オープンテクノロジーである Docker&Kubenetes 上に構築されており、第三者クラウドやオンプレミスでも稼働させることができます。また共通ロギング、計測、およびモニターによる管理ができます。

IBM デモ

Cloud Pak for Automation を実際に試して体感できます。

 

 

参考情報

 

back to top