IBM Cloud Pak for Security

セキュリティ

IBM Cloud Pak for Securityは、クラウドとオンプレミスのあらゆるロケーションで、IBMやサードパーティー製のツールに安全にアクセスして脅威を検出します。

製品概要

IBM Cloud Pak for Security は、Red Hat OpenShift と事前統合済みのコンテナ化されたソフトウェア・プラットフォームです。
データを移動することなく既存のセキュリティー・ツールを迅速に統合し、脅威に対する詳細な分析情報を作成し、アクションのオーケストレーションを行い、対応を自動化します。

特長

IBM Cloud Pak for Security は、複雑なセキュリティー環境の統合と接続を実現する新しいプラットフォームです。

セキュリティーのインサイトを獲得:

データを移動することなく、すべてのデータ・ソースを接続して、隠れた脅威の発見とより多くの情報によるリスクベースの意思決定を支援します。

脅威へのより迅速な対応:

対応のオーケストレーション、アクションの自動化により、チームの作業の優先順位を適切に付けることができます。

どこでも実行可能:

オンプレミスであってもクラウドであっても、任意の環境でプラットフォームをインストールして実行可能です。

IBM Cloud Pak for Security の機能

Data Explorer(DE):

フェデレーション検索を使用すると、既存のセキュリティー・ツールから組織全体の脅威とセキュリティー侵害の兆候(IOC)を調査できます。
お客様がご利用しているセキュリティー・ツールや IBM が検出した結果を分析して洞察を導き出します。

インシデント対応(Resilient):

オーケストレーションと自動化により、サイバーセキュリティーのインシデントに確実に対応します。タスクを自動化し、優先順位を判断し、チーム間でのコラボレーションを行うことで、脅威を検出・解決します。

IBM Cloud Pak for Security のメリット

  • QRadar、Splunk、Elasticsearch、AWS、Azure、Carbon Black、BigFix など様々な製品をフェデレーション検索で、
    より迅速に調査可能
  • ハイブリッドクラウド・マルチクラウドおよび MSSP 環境向けの調査および検索ツールで作業を簡素化
  • ケース管理で調査をシームレスに追跡可能
  • オーケストレーションおよび自動化機能を使用して、より迅速かつ完全に対応
  • ハイブリッド・マルチクラウド・アーキテクチャーにより OpenShift 上の様々な環境に展開可能

参考情報

IBM 製品サイト:IBM Cloud Pak for Security

back to top