IBM WebSphere Hybrid Edition

アプリケーション基盤

オンプレミス、クラウド、およびハイブリッドの広範な移行ソリューションを提供します。

Index

概要
特長・メリット
お問い合わせ
関連ページ


 

概要

IBM WebSphere Hybrid Edition は、WASご利用のお客様の既存アプリ資産を活かしながら最新テクノロジーへの対応をご支援し、ITコストの削減とビジネス変化への迅速な対応の価値をお届けします。
既存の環境にも新しいクラウドネイティブ環境も、お客様の今後のあらゆるハイブリッドかつマルチクラウド環境を、Red Hat OpenShift と組み合わせることで構築できます。
 

WebSphere Hybrid Editionに含まれるもの

WebSphere Application Server
    • WebSphere ND
    • WebSphere Base
    • Liberty Core
    • Open Liberty
IBM Modernization & Developer Tools
    • Transformation Advisor
    • Mono2Micro
    • WebSphere Migration Toolkit
IBM Cloud Foundry Migration Runtime

 

機能・サービス

お客様のこれまでの投資を保護・活用し、OpenShift をベースとした新しいクラウド ネイティブ環境への段階的なモダナイゼーションを支援します。
IBM WebSphere Hybrid Edition を利用することにより、OpenShift をベースにオープンソース技術を組み合わせたクラウドネイティブ開発をエンタープライズレベルで行うことができます。また、既にお持ちの IBMライセンスからのライセンス移行も可能です。

  • 現在の環境で従来どおりアプリを実行
  • 充実したツールと知見で既存アプリのモダナイズをサポート
  • クラウドネイティブアプリを開発するツール、環境、各種オープンソースを統合して提供
  • 永続および期間ライセンスが利用可能
  • Transformation Advisorのサポート
  • Mono2Microのサポート
  • PowerおよびLinux onZでの可用性
  • IBM Cloud FoundryMigrationランタイム


 

特長・メリット

モジュール化されたランタイム
    • 機能をFeature としてモジュール化します
    • 必要な機能だけを有効化可能です (自分のアプリにとって必要十分な環境を構築!)
軽量、高速起動
    • メモリ消費はわずか数十MBです
    • 100MB以下のランタイムを実現します
    • わずか数秒で即時起動します
シンプル構成、 自動化/コンテナ化に最適
    • ZIPを展開するだけで導入可能です
    • 構成ファイルは1つだけです
    • アプリケーションは配置するだけでデプロイ完了します
    • 公式コンテナイメージも毎月リリースします
    • Transformation Advisor、Kabanero など、多用なコンテナ開発支援ツールを提供します
新しい機能、欲しい機能がすぐに使える
    • オープンソース「OpenLiberty」で開発可能です
    • 市場の要求や技術動向を取り込みを毎月リリースします
    • Jakarta EE 8 も世界最速でサポートしています
多用なフレームワークをサポート
    • クラウドネイティブ アプリケーション:Eclipse MicroProfile 3、SpringBoot
    • ミッション クリティカル アプリケーション:Jakarta EE 8 FullProfile / WebProfile
安心の “ゼロマイグレーション ポリシー”
    • 新しいバージョンの仕様が提供されても旧来バージョンのモジュールも提供を継続可能です
    • 構成ファイルのバージョンを変更しなければ古いバージョンの Feature をそのまま利用可能です


 

お問い合わせ

当製品、パートナー契約に関するお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。


 
 


関連ページ

 

back to top